次期Apple iMacか?「特注10コアのインテルCore i9」に「未発表AMD Radeon Pro 5300」を搭載したベンチ結果を発見


次期Apple iMacか?「特注10コアのインテルCore i9」に「未発表AMD Radeon Pro 5300」を搭載したベンチ結果を発見

今年2020年にリリースが噂されているiMacは、モンスター級のスペックかもしれない。

Geekbenchで発見されたベンチマークに、10コアの処理装置(CPU) を搭載したMacの結果が発見された。

次期Apple iMacか?「特注10コアのインテルCore i9」に「未発表AMD Radeon Pro 5300」を搭載したベンチ結果を発見

10コアを持つインテル Core i9 3.6GHzが搭載されるMacは販売されていない。もしこれがリリース前のモデルであるならば、iMac初の仕様となる。

搭載されるCPUは、インテル Core i9-10910で、10コア20スレッドのものとなる。ベースの周波数が3.6GHzで、ターボブーストにより4.7GHzで駆動する。

tom’sHARDWAREによると、このCPUは、i9-10900のベースクロックを引き上げたAppleのカスタムモデルであると分析している。10910と10900の性能差は28.6%であり、ベースモデルよりも高いクロック数で動作するしているようだ。

グラフィックには、まで発表されていないRadeon Pro 5300が搭載されている。これは、昨年ノート向けに発表されたRadeon Pro 5300Mのデスクトップモデルかもしれない。

ひとつ気がかりな点を挙げると、搭載されるメモリがDDR4 1333MHzであることだ。2400MHzでもなく、2666MHzでもなく、このCPUでは足かせにもなり得る1333MHzを使用していることに疑念を抱いた。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x