【バッテリー容量を比較】Apple iPhone 12は、バッテリーがiPhone 11よりも小さい


【バッテリー容量を比較】Apple iPhone 12は、バッテリーがiPhone 11よりも小さい

2020年発売予定のiPhone 12に搭載されるバッテリーは、1つのモデルを除き、小さくなる可能性が出てきた。

MySmartPriceが発見した3つのバッテリーは、デンマークのUL Demko、韓国Safety Korea、中国強制認証3Cに認証されたものとなっている。

認証されたモデル名は、A2471、A2431、A2466の3種類で、Appleが今後リリースする予定であるiPhone 12シリーズの4モデルに搭載される見込みである。

現時点では、このバッテリーがどのモデルに使用されるものであるかは判明していないが、今後リリースが予定されているiPhone 12と、iPhone 11を見比べた時に次のような当てはめができる。

  • Apple iPhone 12 (5.4インチ) – A2471 – 2,227mAh
  • Apple iPhone 12 MAX (6.1インチ) – A2431 – 2,775mAh
  • Apple iPhone 12 Pro (6.1インチ) – A2431 – 2,775mAh
  • Apple iPhone 12 Pro MAX (6.7インチ) – A2466 – 3,687mAh

iPhone 11と同じ方向性を持たせるならば、iPhone 12 MAXと、iPhone 12 Proは同じ容量のバッテリーとなる。

113,110mAh122,227mAh
11 MAX3,190mAh12 MAX2,775mAh
11 Pro3,190mAh12 Pro2,775mAh
11 Pro MAX3,500mAh12 Pro MAX3,687mAh

Safety Koreaが公開している情報によると、「情報・通信・事務機器>電池(充電池のみ)>電池」に分類されるバッテリーは、下記の製造業者に委ねられるようだ。

  • A2471:Huizhou Desay Battery Co.Ltd (中国)、Sunwoda Electronic Co.Ltd (中国)
  • A2431:Huapu Technology (Changshu) Inc. (中国)
  • A2466:Sunwoda Electronic Co.Ltd (中国)

iPhone 11は、前モデルにあたるXSやXS MAXよりも大きな容量のバッテリーを搭載してきたため、iPhone 12では11のバッテリー容量を継続、あるいは微々たる違いに収まるであろうと推測していたユーザーが多いのではないだろうか。

ハイエンドのiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MAXでは、メモリが6GBへと増やされているという噂があったり、12 Pro MAXではLiDARスキャナーを搭載している可能性もあり、さらには新しく導入された5Gへの対応でもバッテリーの消費に影響を与える可能性が高い。

しかし、Appleは効率のいいバッテリーの開発しているとされていることから、iPhone 12のバッテリーもiPhone 11と同等の性能を有している可能性がある。新しくリリースされるiOS 14では、更に省電力対策が進むのかもしれない。

Apple最新情報・噂
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。