iPhoneの顔認証、マスク着用中は「Apple Watchで認証」高速化 / iOS 14.5ベータ版リリース


iPhoneの顔認証、マスク着用中は「Apple Watchで認証」高速化 / iOS 14.5ベータ版リリース

Appleは、開発者向けに次期iOSのベータ版をリリースした。

今回リリースされたベータ版はiOS 14.5で、現在多くのiPhoneユーザーが抱える悩みの克服に向けて、新たに利便性の向上を図る設定が盛り込まれた。

その設定項目とは、「Apple Watchでロックを解除する」というチェックである。

この設定は、「Face IDとパスコード」に追加されたオプションで、Face IDが認証時にマスクを着用した顔を検出すると、Apple Watchを使用してロックの解除を試みるというもの。Apple WatchがiPhoneの解除用コードとしての役割を持つ設定である。

設定を利用するには、Apple Watchが手首に装着されていることが前提のようで、離れた場所にiPhoneがある場合には認証の設定が有効にならない。

新型コロナウイルスの広まりを受けて、外出時にマスクを着用していることが当たり前となった昨今、外出先でiPhoneのロックを解除するために顔認証を行ったとしてもマスク姿では認証が通らず、パスコードの入力を求められることが一般化している。

Wall Street JournalのシニアパーソナルテクノロジーコラムニストであるJoanna Stern氏(Twitter: @JoannaStern) によって発見された新しい認証の補助機能は、iPhoneのロック解除に関する不満を一気に解消する可能性がある。

ただし、注意したい点は、この設定が有効になる制御は、iPhoneを開く際のロック解除のみであること。App Storeで購入する際など、別途Face IDを利用した認証を必要とする場合には使用できない。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x