MagSafe充電器の仕様公開 / iPhone 12 mini、ほかの12より充電が遅い


MagSafe充電器の仕様公開 / iPhone 12 mini、ほかの12より充電が遅い

Appleが2020年モデルのiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafeは、電力を最大15Wで供給する次世代型のワイヤレス充電器である。

このワイヤレス充電器で適切な充電状態を得るには、MagSafeに対応したデバイスであることと、適切な充電アダプタを使用することが条件となる。

充電を行うデバイスは「MagSafe対応」という文字を確認することで、対応状況を確認することが可能となるが、電源アダプタについては難しく、不用意に手を出すことができない。

電源アダプタについても、素直にAppleの20W純正アダプタを使用していれば、何も問題なくMagSafe充電器を使用することができる。しかし、ほかのApple純正アダプタや、他のメーカーから発売されているアダプタを使用する場合は、どうすればいいのだろうか。

現在使用している電源アダプタを継続して使用したい場合、その見分け方はどうすればいいのか。

Appleは、この問題に対して、MagSafe充電器に互換性がある電源アダプタの仕様を公開した。サポートページで公開された情報は、以下の通りである。

MagSafe充電器で最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能な電源アダプタ条件

  • USB-C コネクタ。USB-A には対応しません。
  • 9 V/2.22 A または 9 V/2.56 A 以上。
  • iPhone 12 mini は最大 12 W の高速ワイヤレス充電に対応しますが、9 V/2.03 A 以上の電源アダプタが必要です。
  • 9 V/2.56 A 以上の高ワット数の電源アダプタも、ピーク時最大 15 W で iPhone 12 に電力を供給します*。
  • ヘッドフォンなどの Lightning アクセサリを接続している場合は、規格に従い 7.5 W での充電に制限されます。
  • MagSafe 充電器は、最低 12 W (5 V/2.4 A) の電源アダプタでも使えますが、充電速度は遅くなります。
MagSafe、「iPhone 12の充電が遅すぎる」iPhone故障か / iPhone 11以前のモデルは1W未満に制限か
AppleがiPhone 12シリーズと同時にリリースしたMagSafe充電器は、MagSafe充電に対応するiPhoneで使用することができるワイヤレス充電器である。その充電能力は15Wと、従来のQi規格対応のiPhoneと比べて...
MagSafe充電器「iPhoneの充電が遅い」ときに確認する項目
AppleがiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafe充電器は、ワイヤレス充電の可能性を引き上げた充電器である。Macの電源ケーブルから始まったMagSafeは、脱着の容易さがデバイスの利便性を向上させるものとして、i...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x