調査会社、iPhone 13は9月に発売「入手が難しくなる可能性」


調査会社、iPhone 13は9月に発売「入手が難しくなる可能性」

2021年モデルのiPhoneは、2020年モデルとして登場のiPhone 12シリーズよりも入手が難しくなる可能性がある。

2020年モデルをさらに高性能化したモデルとして登場予定のiPhone 13シリーズは、出荷予測で前年比30%増と予測されている。

台湾の調査会社TrendForceによると、AppleがiPhone 13シリーズを発売する時期は9月。2020年は、コロナウイルスによる様々な遅延が発生したため、発表や出荷に遅れが発生していたが、2021年からは従来通りの発表サイクルに戻るようだ。

発表される新型のiPhoneは、iPhone 12をベースに改良が加えられたモデルになると予測されている。

デバイスの仕様は、現在広く知られている有力な情報として、2020年のA14チップと同様に5nmの工程を経て製造される最新のA15チップを搭載。改良されたチップの特性として、消費電力が従来のA14チップよりも低くなることが想定されている。そして、バッテリーの大型化が図られる見込みとなる。

2020年のiPhone 12は、5Gネットワークに対応したことなどが理由で、消費電力が大幅に増えていた。おそらく、この増えた消費電力を相殺することが、2021年モデルでは大きな課題だったのかもしれない。

また、米国以外の国ではサブ6という電波を利用した5Gネットワークに対応していたが、2021年モデルからは、ほかの国でも高速なミリ波を利用した5Gに対応するといわれている。

サプライヤー、iPhone 13生産に向けて準備進行中か「Appleのサプライヤーが動き始めた」
Appleが2021年モデルとしてリリース予定の新型iPhoneが、いよいよ生産の時を迎えているようだ。South China Morning Postは、iPhoneの製造を担うサプライヤーが、製造に必要とされる人員の確保に苦戦し...
iPhone 13 Pro Max、常時点灯ディスプレイを採用か
Appleが2021年モデルとして発表予定のiPhone 13シリーズは、ディスプレイの常時点灯機能を採用する可能性がある。BloombergのMark Gurman氏は、毎週発行のPower Onで、2021年モデルのiPhone...
2021 iPhone 13は最新の高速Wi-Fi搭載か「WiFi-6E搭載との噂」
2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズは、Wi-Fi 6Eに対応している可能性がある。DigiTimesによると、Appleは、この新しいWi-Fi規格を2021年のフラッグシップモデルに搭載することを計画してい...
Apple、2021年のiPhoneは20%増産か「ProMotionは、Maxのみで伸び悩みの可能性」
Appleは、2021年モデルのiPhoneを2020年よりも多く生産する方向で調整しているようだ。Bloombergによると、Appleは2021年に登場予定のiPhone 13シリーズについて、初期生産分の大幅な増加を伝えた。
iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出
Appleが未発表のiPhoneと思われる金型が公開された。正確には、iPhoneのケースを製造する上で必要となる金型で、2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズに用いる金型のようだ。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x