Apple、2021年のiPhoneは20%増産か「ProMotionは、Maxのみで伸び悩みの可能性」


Apple、2021年のiPhoneは20%増産か「ProMotionは、Maxのみで伸び悩みの可能性」

Appleは、2021年モデルのiPhoneを2020年よりも多く生産する方向で調整しているようだ。

Bloombergによると、Appleは2021年に登場予定のiPhone 13シリーズについて、初期生産分の大幅な増加を伝えた。

その値は、前年比で20%増となる9,000万台。2020年に登場のiPhone 12シリーズは、7,500万台だった。

新しく登場予定のiPhone 13シリーズは、2020年モデルのiPhone 12シリーズをアップグレードしたものとなる見込みで、全体的なデザインはiPhone 12シリーズから受け継がれる見込み。主要な変更点としてProMotionテクノロジーを搭載する上で必要な装備のアップグレードが行われる予定である。

また、そのほかの変更点としては、画面上部にカメラなどが収まるノッチのサイズを小型化するなど、軽微ながらも魅力的な設計の変更が加えられるようだ。

ProMotionに関連する変更点は、電力消費量が大きくなることを見越して、低消費電力のLTPOディスプレイが採用される。このディスプレイは、必要に応じてパワーを絞ることが可能な可変リフレッシュレートに対応する見込みで、電力効率と応答性の向上を図るためにIGZOテクノロジーが採用される。

カメラの性能に関しては、ProMotionを効果的に活用できる性能を持たせている可能性があり、機能面では光学ズームに関する内容が見直され、動画の撮影を押し出した仕様の変更がなされる可能性がある。

ただし、注意したい点は、ProMotionテクノロジーを搭載するモデルは、iPhone 13シリーズの中でも最上位モデルのみとなる可能性があること。

発表イベントは、例年通り9月になると予測されている。

iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出
Appleが未発表のiPhoneと思われる金型が公開された。正確には、iPhoneのケースを製造する上で必要となる金型で、2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズに用いる金型のようだ。
iPhone 13シリーズ、引き続きコンパクトモデル「iPhone 13 miniは、最後のコンパクトモデルの可能性」
Appleは、2020年モデルのiPhone 12シリーズに引き続き、最小モデルの“mini” を販売する可能性がある。DigiTimesが入手した市場関係者からの情報によると、Pegatronが、2021年モデルとして登場予定のi...
iPhone 13生産に向けて準備を開始「2021年秋に発売の見込み」
Appleが2021年モデルとして発表を計画しているiPhoneの生産が、まもなく開始される可能性がある。DigiTimesの情報によると、2021年モデルとして登場予定の次期型iPhoneを製造するために、様々な部品の出荷が開始さ...
iPhone 13 Pro「超広角カメラもオートフォーカス搭載」の可能性
2021年モデルのiPhone 13シリーズは、カメラへの改良も施されて、ハイエンドモデルについては更に使い勝手のよいシステムが搭載される可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、iPhoneのハイエンドモデルで...
2022年はiPhone SEの新型登場か「5G搭載の最安iPhoneとして位置付け」
Appleは、2022年の前半に、iPhoneとしては割安なモデルの発表を行う可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、AppleはiPhone SEの新型を発表する計画を進めている。登場が見込まれるiPho...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx