iPhone 12 Pro、バッテリー性能評価で好成績か iPhone 11よりも3時間長く可動


iPhone 12 Pro、バッテリー性能評価で好成績か iPhone 11よりも3時間長く可動

Appleが2020年にリリースを予定しているiPhone 12シリーズのバッテリーが飛躍的な向上を遂げているようだ。

リーカーのiHacktu Pro氏(Twitter: @ihacktu) は、従来のモデルとのバッテリー性能比について発信しており、バッテリーの残量が11%に達するまでの電力量は同じであることを伝えている。

バッテリーの性能比較は、iPhone 11との比較で、iPhone 12 MAXに搭載されるバッテリーは3時間30分長く、iPhone 12 Pro MAXは2時間50分長く稼働し続けるという。

韓国のSafety Koreaなどで認証を取得したバッテリーは、iPhone 11シリーズのものよりも小さく、今後どのような稼働時間となるのかが不安要素だった。

バッテリーが小さくなるにも関わらず、高性能化に拍車がかかる不安からiPhone 12の購入を少し先延ばしにしようと考えた人もいるのではないだろうか。

新しい5Gネットワークへの対応や、高解像度のディスプレイ、ハイスペックのiPhone 12 ProやiPhone 12 Pro MAXには大容量のメモリが搭載されるという情報もあり、バッテリーの消費を早めるのは目に見えているのに、搭載されるバッテリーが小さくなるのでは先が見えていた。しかし、その先にあるものは、私たちの思考とは真逆のようである。

どうやら、バッテリーの使用時間を大幅に伸ばしている要因は、高性能化された処理装置(プロセッサ) の存在が大きいようだ。

iPhone 12シリーズに搭載される見込みのプロセッサはA14 Bionicで、A14は今後流通する新しいiPadMacにも搭載の噂がある高性能なものとなっている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x