iPhone 13生産に向けて準備を開始「2021年秋に発売の見込み」


iPhone 13生産に向けて準備を開始「2021年秋に発売の見込み」

Appleが2021年モデルとして発表を計画しているiPhoneの生産が、まもなく開始される可能性がある。

DigiTimesの情報によると、2021年モデルとして登場予定の次期型iPhoneを製造するために、様々な部品の出荷が開始されている。

iPhoneの発表は、通常であれば9月の発表が恒例である。Apple Parkで開催される発表イベントの主役として、世界が注目する中で発表される新型のデバイスは、非常に魅力あふれる存在である。

2020年は、コロナウイルスによるパンデミックの影響が露骨に現れて、本来9月に発表予定だったiPhone 12シリーズのお披露目は、影響が出た製造のも問題により10月に延期された。

Appleは、感染病による影響について、2021年は影響もさほど強くないだろうと踏んでいる可能性があり、本年発表のiPhoneは例年通り9月に発表する予定で計画を進めているようだ。

次期型のiPhoneは、iPhone 12シリーズをアップグレードしたモデルとして登場すると噂されており、引き続きフラットデザインが採用される見込みである。

内部のアップグレードは、ProMotionテクノロジーを採用するための高性能化と捉えることができる内容となっている。

これまでの60Hzから120Hzへと、一気に2倍の速度へと進化する映像表示は、表皮電力を抑えるための食うとして低消費電力パネルの採用や、バッテリー容量のアップが施される見込み。

その滑らかな映像を存分に楽しめるように、カメラにもアップグレードが施される見込みで、iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズよりもトータルバランスの底上げが図られるようだ。

また、5Gネットワークに対応するためのモデムに関しても新型が採用されるとの情報があり、通信環境についても安定性や速度面の期待が高鳴る。

iPhone 13 Pro、ProMotion搭載で確定か「120Hzパネル生産開始」
Appleが2021年モデルとしてリリースするiPhone 13シリーズは、ProMotionテクノロジーを搭載して登場する可能性が濃厚だ。ProMotionは、iPad Proに採用された技術で、画面の表示が、これまでのディスプレ...
iPhone 13、バッテリー容量増で重量が重くなる可能性「120Hz対応の影響かも」
2021年モデルのiPhone 13シリーズは、2020年モデルのiPhone 12シリーズ比で、それよりも大きなバッテリーを搭載して登場する可能性がある。ただし、拡大されるバッテリー容量は、スペック上の使用可能時間引き上げにはなら...
iPhone 13 Pro「超広角カメラもオートフォーカス搭載」の可能性
2021年モデルのiPhone 13シリーズは、カメラへの改良も施されて、ハイエンドモデルについては更に使い勝手のよいシステムが搭載される可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、iPhoneのハイエンドモデルで...
iPhone 13、発売は予定通りか「チップメーカーがまもなく生産」
Appleが2021年モデルとしてリリース予定のiPhone 13シリーズは、感染病の影響は受けず、従来の発売日に間に合う可能性がある。DigiTimesが報じたサプライチェーン関係者からの情報によると、2021年モデルのiPhon...
Apple、2021年モデルのiPhone 13で日本もミリ波5G対応か / ミリ波とは
Appleは、2021年モデルとしてリリースするiPhoneの5Gアンテナに、2020年モデルとは異なる仕様の計画を立てているようだ。DigiTimesは、Appleが米国のみに提供していたミリ波を世界に広げていく計画の予測を伝えた...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x