2021年モデルのApple Watch 7は「長時間バッテリー搭載」が特徴か


Appleapplewatch720210630

Appleが2021年モデルとしてリリース予定の次期型Apple Watch 7は、大容量バッテリーを搭載している可能性がある。

経済日報によると、スペースを確保した次期型のApple Watch内部には、大容量のバッテリーに焦点が合わせられる。

次期型のApple Watchは、これまでのSiPを更に小型化した設計が取り入れられて、内部に余裕が生まれるといわれている。

1つの基盤にすべてを詰め込むことで、無駄をなくすSiPの構造は、従来片面にチップを搭載したものが採用されていた。しかし、2021年モデルからは、両面モデルが採用されるといわれており、これまでよりも内部の無駄が少なくなる見込みである。

空いた空間には、新たなセンサーなどが搭載される可能性も囁かれていたが、経済日報は、センサー類などの追加ではなく、バッテリー容量の拡大が図られると報じた。

現在Appleが試験を重ねている新型のセンサーは、血糖値モニタリングを可能にするセンサーや、体温のモニタリングに活用されるものである。

これらのセンサーは、近い将来にApple Watchへ搭載される見込みだが、2021年モデルのApple Watchには搭載されないといわれている。

2021年モデルのApple Watch 7は、画面の枠が細くなり、iPhoneやMac、iPad Proに採用のデザインと同様に、フラットなデザインを採用するといわれている。

ディスプレイ面には、コーティングが施されるともいわれており、従来型のApple Watchから次世代型としてデザインが刷新される見込みである。

2021 Apple Watch 7、内部構造の小型化で新型センサー追加を計画か
Appleは、2021年モデルのApple Watchの内部に大きな変更を加え、デザイン面あるいは機能面に大きな変化を与える可能性がある。これは、現在最新モデルとして販売中のApple Watch 6に内蔵のSiPを更に小型化するこ...
Apple Watch 7 2021年モデル、ロックの解錠機能やディスプレイの見た目を変更か
Appleが2021年モデルとして発表を計画している新型Apple Watchは、見た目と機能の両面に変更が加えられて登場する可能性がある。シリーズの7世代目としてリリースされるApple Watch 7は、変更を加えづらいシンプル...
Apple Watch、「血糖値モニタリング」実装に向けての最終調整か
Appleは、ブラジルのApple Watchのユーザーを対象に、利用状況の調査に乗り出している。9to5Macによると、調査に乗り出した項目は、食生活や投薬、血糖値の監視に関する内容。この質問から得られたアンケート結果は、今後Ap...
Apple Watch、タフモデルの登場で耐衝撃性能が追加か「早ければ、今年2021年後半」
Appleは、スポーツ向けに頑丈なApple Watchを発売する可能性がある。BloombergのMark Gurman氏(Twitter: @markgurman) によると、Appleは、カシオのG-SHOCKのように耐衝撃性...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x