iPhone 13 Pro、ProMotion搭載で確定か「120Hzパネル生産開始」


iPhone 13 Pro、ProMotion搭載で確定か「120Hzパネル生産開始」

Appleが2021年モデルとしてリリースするiPhone 13シリーズは、ProMotionテクノロジーを搭載して登場する可能性が濃厚だ。

ProMotionは、iPad Proに採用された技術で、画面の表示が、これまでのディスプレイよりも滑らかな表現になる。

iPadではペン先の追従などで効果を発揮している技術だが、iPhoneへの搭載はカメラ機能やゲーム機能への貢献が大きいはずである。

The Elecは、SamsungとLGが、予定を繰り上げで次期iPhone用のディスプレイの生産を開始したと報じた。

アナリストのMing-Chi Kuo氏によれば、ProMotionを可能にする120Hzパネルは、すべてのモデルに搭載されるのではなく、Appleは一部のモデルに導入することを計画していることを伝えている。

搭載が見込まれるモデルは、ハイエンドのiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max。iPhone 13シリーズは、2020年モデルと同様に4タイプの発売が見込まれており、スタンダードモデルのiPhone 13とiPhone 13 miniに関しては、これまでと同様のディスプレイパネルが採用される見込みである。

パネルは、Samsungが120HzのLTPOディスプレイ、LGがLTPSディスプレイの生産を担うようだ。

120Hzのディスプレイパネルは、2020年モデルで採用されるとの情報もあったが、その情報は2021年モデルにシフトしている。この理由は、おそらくコロナウイルスによる感染病問題で、製造に必要な部品の調達が困難だったのだろう。

iPhone 12シリーズは、本来の発表よりも遅れてリリースされ、オーダーを入れたiPhoneが待っても中々届かないという事態に陥っていた。2021年モデルに関しても遅延の可能性が危ぶまれているため、買い換えを控えたiPhoneユーザーは、昨年に引き続きオーダーのタイミングに注意を払う必要があるのかもしれない。

iPhone 13、全モデルが手ぶれ補正機能強化か「センサーシフト式の手ぶれ補正」
iPhoneの2021年モデルは、カメラ機能の強化として、すべてのモデルにセンサーシフト方式の手ぶれ補正を搭載する可能性がある。2020年モデルとして登場のiPhone 12シリーズは、最上位モデルのiPhone 12 Pro Ma...
Apple、2021「iPhone 13を9月下旬」に発売か
Appleは、2021年モデルのiPhoneを例年通りのスケジュールで発表する可能性がある。WedbushのアナリストDan Ives氏によると、iPhoneの発売は9月の3週目に発売を予定している。
ディスプレイアナリスト、iPhone 13 Proは120HzでProMotion採用
Appleが2021年モデルとしてリリースを予定しているiPhone 13シリーズは、ProMotionを採用して登場するといわれていたが、どうやら情報に間違いはないようだ。2020年モデルのiPhone 12シリーズには、ProM...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x