ディスプレイアナリスト、iPhone 13 Proは120HzでProMotion採用


ディスプレイアナリスト、iPhone 13 Proは120HzでProMotion採用

Appleが2021年モデルとしてリリースを予定しているiPhone 13シリーズは、ProMotionを採用して登場するといわれていたが、どうやら情報に間違いはないようだ。

2020年モデルのiPhone 12シリーズには、ProMotionを採用しないと伝えてたディスプレイアナリストのRoss Young氏(Twitter: @DSCCRoss) は、2021年モデルのiPhoneにLTPOディスプレイが採用される見込みを伝えた。

LTPOディスプレイは、これまでのディスプレイに比べて消費電力を抑えることが可能なものである。この技術を採用したディスプレイの搭載で可能になる機能が、120HzのProMotionテクノロジー。

これまで60Hzで駆動していたディスプレイから一気に2倍の120Hzまで引き上げられるディスプレイの性能は、滑らかな動きと引き換えに、消費電力が上がる問題に直面する。iPhoneのように小さなバッテリーを搭載のデバイスが消費電力の問題を抱えると、顕著にバッテリーの使用可能時間を縮める結果となり死活問題だった。そのため、iPhoneにProMotionを採用するには、低消費電力のLTPO(低温多結晶酸化物) を採用したディスプレイの搭載が不可欠だった。

Young氏によると、120Hzを採用するモデルは、ハイエンドのiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2タイプ。Young氏の発言を正しく伝えると、業界やメディアが伝えているLTPO搭載デバイスの数について再確認を行い、その情報を否定した形となる。

スタンダードモデルのiPhone 13とiPhone 13 miniには、これまでと同様のディスプレイが採用される見込みである。

LTPOの生産に関しては、パネルの供給を担うSamsungとLG Displayが、生産ラインをLTPS(通常のディスプレイ) からLTPOディスプレイ用に切り替えている最中と報じられていた

iPhone 13シリーズの発売は、おそらく9月。発売が10月にもつれ込むとの情報もあるが、そのほかの問題として、チップの供給が心配の種である。現在も世界的に深刻な状況にあるチップ不足の問題は、2022年まで解消されないと予測されており、iPhone 13シリーズの発売に影響を及ぼす可能性がある。

気が早い? iPhone 13は劇的進化、「カメラ 大型センサー」と「ProMotion」搭載 2021年発売か
Appleが2021年にリリースをする見込みのiPhone 13シリーズは、ものすごく滑らかな表示と、従来よりも低電力が期待できるディスプレイを搭載する可能性がある。ディスプレイアナリストのRoss Young氏(Twitter: ...
2021年のiPhone、ハイエンドのiPhone 13 ProはProMotion採用で計画進行か
Appleが2021年に発表すると噂のiPhone 13シリーズは、低消費電力化が進み、バッテリーの寿命が15%から20%向上する可能性がある。この消費電力の削減に貢献しているものは、新たに採用の新型A15チップである。また、ハイエ...
Apple、2021「iPhone 13を9月下旬」に発売か
Appleは、2021年モデルのiPhoneを例年通りのスケジュールで発表する可能性がある。WedbushのアナリストDan Ives氏によると、iPhoneの発売は9月の3週目に発売を予定している。
Appleのデバイス、2022年半ばまで供給が追いつかない可能性
現在世界中で巻き起こっている世界的なチップ不足は、今後も長期化することが懸念されており、iPhoneなどAppleのデバイスにも少なからず影響を及ぼす可能性がある。米国最大の半導体生産工場によると、チップの不足は2022年半ばまで続...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x