iPhone 13 Pro Max、常時点灯ディスプレイを採用か


iPhone 13 Pro Max、常時点灯ディスプレイを採用か

Appleが2021年モデルとして発表予定のiPhone 13シリーズは、ディスプレイの常時点灯機能を採用する可能性がある。

BloombergのMark Gurman氏は、毎週発行のPower Onで、2021年モデルのiPhoneは、Apple Watchからヒントを得た常時点灯モードを採用する可能性があることを伝えた。

2021年モデルのiPhone 13シリーズは、これまでよりも大きなバッテリーを搭載し、120Hzで駆動するディスプレイなどが採用されるといわれている。

120Hzで駆動ディスプレイは、消費電力を抑えるために低消費電力のディスプレイパネルが採用されるといわれており、このパネルは、低い輝度で常時点灯をさせることも可能である。

以前、Bloombergは、ProMotionテクノロジーを搭載するモデルについて触れ、iPhone 13シリーズの中でも最上位モデルのみに採用される可能性を示唆している。

次期iPhoneは、先にも伝えたようにバッテリーの大型化やProMotionテクノロジー採用のほかにも多くの改良が加えられて、見た目には背面カメラユニットのデザイン変更や、画面上部のノッチサイズ変更が見込まれている。

Apple、2021年のiPhoneは20%増産か「ProMotionは、Maxのみで伸び悩みの可能性」
Appleは、2021年モデルのiPhoneを2020年よりも多く生産する方向で調整しているようだ。Bloombergによると、Appleは2021年に登場予定のiPhone 13シリーズについて、初期生産分の大幅な増加を伝えた。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x