iPadとMacBook Pro、2022年に有機ELディスプレイ搭載か


iPadとMacBook Pro、2022年に有機ELディスプレイ搭載か

2022年に登場予定のiPadとMacBook Proは、ディスプレイに大幅な仕様変更が加えられる可能性がある。

その変更とは、有機ELディスプレイ(OLED) の採用で、これまで採用してきた一般的なLCDと比べて、コントラストの向上や引き締まった黒色の表現が優れたものとなる。

現時点で有機ELディスプレイが採用されているAppleのデバイスは、iPhoneやApple Watchなどの小型デバイスのみ。Macなど、大型ディスプレイを採用するモデルに有機ELディスプレイの採用実績はない。

Macなどに有機ELディスプレイの採用がなかった理由は、おそらく納入価格の問題で、有機ELディスプレイを搭載することにより跳ね上がる販売価格の上昇をコントロールすることができなかったのだろう。

DigiTimesによると、有機ELディスプレイを搭載する大型のデバイスは、10.9インチのiPadから始まると伝えている。

このiPadは、iPad Airの可能性が高い。そして、それに続きiPad ProとMacBook Pro 16も有機ELディスプレイに変更される予測されている。ただし、情報筋によると、iPad ProとMacBook Proについては、現在検討の段階にあり、開発前の議題として話が進められているようだ。

最初に有機ELディスプレイを採用するiPad Airは、2022年前半の発売に向けて、2021年の第4四半期に生産を開始することが見込まれている。

なお、2021年モデルとして登場予定のiPad ProやMacBook Proの14インチと16インチには、Mini LEDを採用したディスプレイの搭載が見込まれている。

iPad Pro、Mini LED採用が濃厚「ディスプレイの省電力化と性能が格段に向上」
2021年モデルのiPad Proは、ディスプレイのバックライトにMini LEDを搭載して登場する可能性が濃厚になった。企業の情報に高い正確性を持つDigiTimesは、業界筋から得た情報として、台湾のEnnostarがMini ...
次期 iPad Pro 2021年モデルのCADデータか
Appleは、iPad Proの次期型を2021年モデルとして発表する可能性があり、そのCADデータと思わしきイメージがリークされた。複数のサイトから独占画像として公開されたイメージは、これまでのiPad Proと見比べて大きな変更...
Apple、2021年以降のMacはMini LED採用か / より安価なMacBook Air発売の可能性
Appleは、2021年以降に発売する新型Macノートに、Mini LEDをバックライトに採用したディスプレイを搭載する可能性がある。Mini LEDは、鮮やかな色合いと低消費電力を実現したバックライトで、ディスプレイの薄型化にも貢...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x