Apple、2021年以降のMacはMini LED採用か / より安価なMacBook Air発売の可能性


Apple、2021年以降のMacはMini LED採用か / より安価なMacBook Air発売の可能性

Appleは、2021年以降に発売する新型Macノートに、Mini LEDをバックライトに採用したディスプレイを搭載する可能性がある。

Mini LEDは、鮮やかな色合いと低消費電力を実現したバックライトで、ディスプレイの薄型化にも貢献できるものである。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年にフルモデルチェンジを予定するMacBook Proが2台、そして2022年には安価なMacBook Airがリリースされると伝えている。

Kuo氏によると、新しい処理装置Appleシリコンは、インテルのCPUを買い付けるよりもコストを大幅に抑えることが可能なため、Mini LEDを採用したデバイスだからといって高額になることはなく、むしろ製造コストを相殺できる可能性が高いという。

Appleは、Mini LEDを製造するコストに関して、当初の予定よりも安く抑えることに成功した可能性が高く、今後リリースするMacのディスプレイには、Mini LEDを採用したものが主流となりそうである。

なお、現時点でMini LEDをAppleに提供するサプライヤーはEpistarのみとなるが、加速するMac販売台数を考えると、サプライヤーの追加や新たな技術革新も考えられ、今後リリースされるデバイスの価格がよりリーズナブルで高性能な方向へ向かうのかもしれない。

2021年以降にリリースされるMacBook Proは、ディスプレイのベゼルがスリムになり、Touch Barには圧力センサーを内蔵する可能性がある。

Appleの次期ARM MacBook Pro、超薄型ベゼルか
Appleが近い将来リリースを予定しているMacBook Proの外観に関する特許が公開された。Patently Appleによると、2019年7月下旬にDigitimesが薄型ベゼルのMacBook Proをリリースする予定であると報...
次期 MacBook Pro 16、Touch Barに感圧タッチを採用か
Appleは、次期型MacBook Pro 16のTouch Barに、圧力を検知するTouch Barを採用する可能性がある。2020年11月26日、Appleは「フォースセンサーとコプレーナディスプレイ」に関する特許を取得した。...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x