防水防汚のタフネスMacノートが登場か「Apple、取り外し可能なキーボードの特許を取得」


防水防汚のタフネスMacノートが登場か「Apple、取り外し可能なキーボードの特許を取得」

Appleが将来リリースするMacノートは、防水防塵防汚のタフな仕様のモデルが登場するのかもしれない。

Patently Appleは、Appleが取得した「ディプロイアブル・キー・マウス」に関する特許を発見した。

この特許は、簡単に説明すると、キーのボタンを一つ一つ取り外し可能にするシザーシステムキーボードの構造特許である。

ボタン一つ一つには精密な設計がなされており、文字入力用のボタンとは別に、マウスの操作感が得られるタッチ機能を備えているようだ。

このマウス機能に関して、Appleは、Macノートに採用のMagic Trackpadのような存在より、柔軟な操作感が得られるハンドヘルマウスの操作感に似ていると説明している。

ハンドヘルドマウスとは、指に装着して使用するマウスのことで、デスク上を滑らせて使用するマウスや、Magic Trackpadのように板の上を指でなぞるような使用感ではない。

防水防汚のタフネスMacノートが登場か「Apple、取り外し可能なキーボードの特許を取得」

Appleが取得した今回の特許は、単一の装備として考えると大した魅力は発しないが、ほかの特許と組み合わせて考えた時に、今後Appleが抱く可能性が見え隠れし始める。それは、防水とフラットキーボードに関する特許である。

以前、Appleは、電子機器の液体流入制御に関する特許と、電子機器の構成可能な力覚入力構造に関する特許を取得している。

前者の液体流入制御に関する特許は、Macノートの本体部分とディスプレイ部分を接続する華道部から侵入する水をいかに制御するのかという特許である。既にAppleは、MacBook Airの2020年モデルでファンを有さないモデルをリリースしており、防水性能が加えられる可能性が出てきている。

後者の力覚入力構造に関する特許は、一般的な物理キーを有さないキーボードの特許で、フラットな板に表示されたキー配列を操作することで文字入力が可能となる。フラットに構造された板状のキーボードは、適度な弾力を有した板状のもので、圧力を加えるとたわむようだ。

これら3つの特許をAppleが活かすのか定かではないが、もし3つを適切に使用したMacノートが誕生するのであれば、防水性能を有し、キーを着脱後にも性能が十二分、あるいはそれ以上に操作性が向上するタフなモバイルノートが誕生する可能性もありそうだ。

キーの脱着は、侵入した汚れの撤去にも役立ち、小さなホコリや泥汚れなどの撤去にも貢献しそうである。

将来のMacBook Pro、キーボード「ボタンの境目がなくなる」可能性 / 防水機能搭載に一歩前進か
Appleは、未来のMacが持つキーボードに、これまでとは異なる構造を与えて革新をもたらそうとしている。2021年3月30日、Appleは「電子機器の構成可能な力覚入力構造」に関する特許を取得した。米国特許商標庁が公開した特許の...
次期MacBook Air、防水機能を採用か
Appleが将来的に発売するMacノートは、防水性能を手に入れて、豪雨にももろともせず、お風呂場でも使用できる可能性がある。なんとも勇ましいこの機能は、Appleが取得した特許が未来を物語っているように感じる要因である。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x