AirTagのシステムを利用してメッセージの送信が可能「悪用の危険性も」


AirTagのシステムを利用してメッセージの送信が可能「悪用の危険性も」

ベルリンに拠点を置くITセキュリティコンサルティング会社のPositive Securityは、Appleの「探す」機能を利用することで、AirTagが自由に操れることを発見した。

発見されたシステムの穴は、Appleが監視や防止をすることができず、メッセージが送信できるというもの。

AirTag自体には通信回線を有していないが、紛失中のモードに切り替えることで、AirTag近辺に点在するAppleユーザーのiPhoneなどが反応する。この機能を利用することで、Positive Security社はショートメッセージの登録などに成功したようだ。

つまり、遠隔操作でAirTagにメッセージの登録が可能であり、そのAirTagに登録されたメッセージは、紛失中のモードであれば近くの善良なAppleユーザーが確認をすることが可能となる。

コンサルタントのFabian Braunlein氏は、可能性を知りたかっただけであり、今回の発見はブロードバンドモデム、SIMカード、データプラン、Wi-Fi接続のないIoTデバイスからセンサーの測定値や、あらゆるデータをアップロードすることが可能になりそうだと伝えている。

悪用の危険性も秘めているが、用途次第では非常に優れたシステムの構築にも繋がりそうである。ただし、Appleが意図しないシステムの構築は、Appleのサーバーに負担を掛けることにも繋がりかねず、いずれ対策が練られる可能性がある。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,800(2021/12/04 07:29:48時点 Amazon調べ-詳細)

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x