Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較


Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

Appleは、日本時間の2020年11月11日3時からスタートした発表イベントで、3台の新しいMacを発表した。

まったく新しいチップが組み込まれて登場した新時代のMacは、同カテゴリのものには追従を許さない圧倒的な速さと、あり得ないほどに美しいグラフィックス性能を実現しており、その上で驚くほどの低電力を実現している。

もはや、すべてがPro仕様だと感じられる新時代のMacは、電力効率と処理性能のバランスを極限の状態で組み合わせたM1チップを内蔵して登場した。

Intel製のCPUを退け、Macに初搭載されたAppleシリコン(M1チップ) は、低電力と小型化を基本コンセプトに持つプロセッサである。搭載条件の厳しいMacノートやMac miniに採用されるチップは、いわばモバイル向けにスペックを低く抑えたモデルであるが、既にハイスペックな性能を手に入れたM1に低スペックとしての称号は似つかわしくない。

M1チップ搭載Mac、格上の「Intel i9搭載MacBook Pro 16よりも爆速」 / ベンチマーク結果、i9-10910を引き離す性能
Appleが2020年11月11日に発表したM1チップ搭載のMacは、これまでのIntel製CPU搭載Macを超越する性能のようだ。M1チップを搭載したMacとして、2020年に初めてリリースされたモデルは、MacBook Pro ...
Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表
Appleは、日本時間の2020年11月11日3時にスタートした発表イベントで、Mac用の処理装置として、自社製AppleシリコンのM1を発表した。世界最速のCPUコアを謳うM1は、複数のチップを統合したもので、いわゆるSoC(Sy...

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

低電力にも関わらず、異次元のパフォーマンス。なんとも矛盾した高性能チップは、3つのMacに初搭載された。

新しいMacの未来が詰められた3つのMacは、MacBook Air、MacBook Pro 13インチ、Mac mini。一新されたシステムパフォーマンスを堪能できる初のAppleシリコンMacである。

MacBook Air

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

新しく登場したMacBook Airは、ファンレス仕様。高負荷を与えた際に回るはずの廃熱ファンが内蔵されていないのである。

低電力と高性能を両立したM1を採用したMacは、抵抗の表れである熱の処理が少なくて済むのだろう。静かなファンレスMacBook Airは、最大で18時間持続するバッテリーを積み、MacBook Proのような性能を軽々と持ち歩ける仕様となっている。

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

13.3インチのRetinaディスプレイを採用したAirは、2,560×1,600ピクセルの解像度を誇る。表現力に長けたディスプレイは、映し出されるものが、まるで本物。この美しい表現力を実現したディスプレイは、色の基準であるsRGBよりも25%多くの色表現を行うことができるそうだ。

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

ベースとなるタイプは、104,800円(税別) と、129,800円 (税別)の2種類が用意されている。両者の違いはチップの性能とストレージの違いである。

チップの違いについては、どちらもM1チップが採用されているが、ディスプレイ表示を行うグラフィックス部分(GPU) のコアが異なっている。

前者の価格は7コアのGPUであり、後者は8コアのGPUとなる。Macの処理能力に関わる処理装置(CPU) に関しては、両者とも8コアで統一されている。

また、標準で搭載されている保存領域(ストレージ) に関しては、前者は256GB、後者は512GB。この容量差については、オプションを変更することで相殺ができる。アップルストアや家電量販店などで、在庫のあるものを購入する場合には気をつけるべきだが、Appleに直接オーダーをしたり、量販店でもオプションを追加した別注をしたりする場合には、あまり深く考えなくてもよさそうだ。

メモリについては、8GBが標準で、オプションで16GBに変更が可能。内蔵されたメモリは、あとから増設か不可能なため、思い切って16GBを選択したいところである。

発売日は、2020年11月17日。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280(2020/11/28 19:46:40時点 Amazon調べ-詳細)
カラー, 容量 選択可

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

MacBook Air
MacBook Airが、Apple製のM1チップによるパワーで新しい次元へ。最大3.5倍速いCPU、最大5倍速いグラフィックス、18時間持続するバッテリーを搭載しました。

MacBook Pro 13

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

Macノートの最高峠、MacBook Proは、13インチのモデルにM1チップを搭載して登場した。

Airと同様に、信じられないほどパワフルに生まれ変わったMacBook Proは、CPU性能が最大2.8倍、グラフィックス処理は最大5倍、Neural Engineによる機械学習の速さは最大11倍という性能を持っている。バッテリー駆動時間は、最大20時間。

驚異的なパワーを持ち運べるプロ向けツールとしてリニューアルしたハイパーマシンは、性能の比較で持ち出された同程度のマシンと比べても、2倍以上の差をつけた圧勝である。

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

CPUの性能テストで用いられた比較マシンは、市販されているMacBook Pro 13インチ。搭載されるCPUは、Intel Core i7クアッドコア1.7GHzを搭載したモデルである。性能試験では、Apple M1チップ搭載13インチMacBook Pro試作モデルと、比較用のマシンを使用。すべてのシステムに16GBのRAMと2TBのSSDを実装。リリース前のXcode 12.2とApple Clang 12.0.0、Ninja 1.10.0.git、CMake 3.16.5を使用してオープンソースプロジェクトをビルド。パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示している。なお、Neural Engineについても同様の比較マシンで試験を行っている。

気になる価格は、驚くことに、従来のIntelベースよりも遙かにリーズナブルで、134,800円(税別) のものと、154,800円(税別) が用意されている。

前者と後者の価格差は、保存領域(ストレージ) の容量によるもので、ほかの部分はすべて同じ構成となる。

ストレージの容量差については、オプションを変更することで相殺が可能。アップルストアや家電量販店などで、在庫のあるものを購入する場合には気をつけるべきだが、Appleに直接オーダーをしたり、量販店でもオプションを追加した別注をしたりする場合には、あまり深く考えなくてもよさそうだ。

メモリについては、8GBが標準で、オプションで16GBに変更が可能。内蔵されたメモリは、あとから増設か不可能なため、思い切って16GBを選択したいところである。

発売日は、2020年11月17日。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280(2020/11/28 19:46:41時点 Amazon調べ-詳細)
カラー, 容量 選択可

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

13インチMacBook Pro
13インチMacBook ProがM1チップで新しい次元へ。CPUは最大2.8倍高速。グラフィックスは最大5倍高速。バッテリー駆動時間はMac史上最長。

Mac mini

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

スモールなコンピュータシステムであるMac miniは、上で紹介したMacBook AirやMacBook Proの高性能をデスク上で実現するモデルである。

従来のMac miniと比べて、CPU性能は最大3倍高速になり、グラフィックスは最大6倍、Neural Engineによる機械学習の速さは最大15倍高速になった。

もう説明は不要だろう。Appleが比較テストに持ち出した比較用デバイスが、MacノートからMac miniに変更されているため、速さを示す倍率は異なるが、ずば抜けた高性能であることには変わりがない。

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

この小さなMacも価格帯が2タイプ用意されている。

72,800円(税別) のものと、92,800円(税別) のものである。前者と後者の違いは、保存領域(ストレージ) の容量によるもので、ほかの部分はすべて同じ構成となる。

ストレージの容量差については、オプションを変更することで相殺が可能。アップルストアや家電量販店などで、在庫のあるものを購入する場合には気をつけるべきだが、Appleに直接オーダーをしたり、量販店でもオプションを追加した別注をしたりする場合には、あまり深く考えなくてもよさそうだ。

メモリについては、8GBが標準で、オプションで16GBに変更が可能。内蔵されたメモリは、あとから増設か不可能なため、思い切って16GBを選択したいところである。

発売日は、2020年11月17日。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥102,080(2020/11/28 20:19:55時点 Amazon調べ-詳細)

Apple、新しい3つのMac、単純計算「4.76GHzのCPU性能」 / 価格ラインナップの比較

Mac mini
Mac miniが、まったく新しいApple M1チップを搭載。このチップは8コアCPU、8コアGPU、ユニファイドメモリ、Neural Engine、様々な機械学習テクノロジーを持ち、Wi-Fi 6などにも対応します。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x