Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表


Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

Appleは、日本時間の2020年11月11日3時にスタートした発表イベントで、Mac用の処理装置として、自社製AppleシリコンのM1を発表した。

世界最速のCPUコアを謳うM1は、複数のチップを統合したもので、いわゆるSoC(System on a Chip) である。聞きやすい言葉でいうと、オールインワンパッケージ。

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

CPU、GPU、メモリを一体構成としたM1は、小型で低電力を特徴としており、高性能チップとは思えないほど消費電力が少ないという。その消費電力は、従来のものと比べて1/10の電力しか必要としない。

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

処理装置(CPU) の部分は8コアの構成となるが、そのうちの4コアはパフォーマンスを優先させたコアで、残りの4コアについては低電力を優先したコアとなる。

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

グラフィックス(GPU) 部分についても8コアが採用されている。気になる性能は、他社のものよりも消費電力を1/3に抑えた上で、性能を向上させているそうだ。

CPUに統合されたグラフィックスの性能を比較すると、統合グラフィックスプロセッサとして、史上最速のもの伝えられている。

M1の製造は、2020年のデバイスとして、先に登場したiPhone 12シリーズや、iPad Air 4に搭載されているA14チップと同様に、5nmという繊細な工程から生まれる。

Apple、「世界最速のCPUコア」Mac用プロセッサ、M1を発表

160億個のトランジスタから構成されるM1チップは、MacノートのMacBook ProやMacBook Air、小型のデスクトップであるMac miniなど、搭載条件の厳しいモデルへ積極的に搭載されるようで、Thunderbolt / USB 4にも対応している。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280(2020/11/28 19:46:40時点 Amazon調べ-詳細)
カラー, 容量 選択可
created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280(2020/11/28 19:46:41時点 Amazon調べ-詳細)
カラー, 容量 選択可
created by Rinker
Apple(アップル)
¥102,080(2020/11/28 20:19:55時点 Amazon調べ-詳細)
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x