iPhone 12、近く「iPhoneから“別のデバイス” を充電」可能か


iPhone 12、近く「iPhoneから“別のデバイス” を充電」可能か

Appleが今秋リリースした2020年モデルのiPhone 12シリーズは、近い将来ほかのデバイスへ電力を伝送できる可能性がある。つまり、iPhoneから別のデバイスを充電することが可能になると見込まれている。

VentureBeatのJeremy Horwitz氏(Twitter: @horwitz) は、Twitterで将来的にMagSafe充電機能について、iPhone 12シリーズが360kHzのWPT充電機能をサポートすることを伝えた。WPTとは、ワイヤレス電力伝送のことである。

どうやらHorwitz氏が決め手としたものは、Appleが米国連邦通信委員会(FCC) に申請した内容のようで、この原文をBloombergのMark Gurman氏(Twitter: @markgurman) が引用する形で公開した。

iPhoneから充電が可能となるデバイスに関して、記述を確認すると、将来的にリリースされるAppleのアクセサリーがWPTに対応する記載を確認することができる。

このことに対して、Gurman氏は、新しいAirPodsがMagSafeに対応する可能性を伝えている。

MagSafeは、磁気を利用して張り付くタイプの充電機能である。ワイヤレス充電機能がベースとなり、周囲に磁石を配すMagSafeは、その大きさが決められている。

AirPodsがMagSafeに対応するのであれば、イヤホンタイプではなく、ヘッドホンタイプのAirPods Studioの可能性が高くなる。その理由が、イヤホンタイプのケースはMagSafeよりも小型である点。イヤホンタイプのものは、より小型化されることはあっても、大型化する可能性は低いと考えている。

そして、iPhoneから電力を伝送できるアクセサリーとなれば、iPhoneのバッテリーよりも小さなバッテリーを搭載するものでなければならず、必然的に近い将来リリースされる見込みのAirTagsが、iPhoneから充電可能な初のアクセサリーとして登場するのではないかと推測している。

AirPods Studioは2タイプ、販売は350ドルからか
Appleが新しいデバイスとして発表を予定しているAirPods Studioは、高価な材料が使用されたモデルと、本質的な性能を変えずに材質を低価格なものに置き換えたエントリーモデルが用意されている可能性がある。リーカーのJon P...
AirTags、もうすぐ発売か / 大小サイズがリリースされる可能性
Appleは、近日中に忘れ物防止タグであるAirTagsをリリースする可能性がある。iPhone 12シリーズが発表されたイベントでお披露目されるのではないかと期待されていたAirTagsは、10月13日の当日に姿を現すことはなかっ...
created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950(2020/11/28 22:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x