2020年後半にiPad、2021年にiPad miniを発売「新型の充電器が付属する」可能性


2020年後半にiPad、2021年にiPad miniを発売「新型の充電器が付属する」可能性

Appleは、今年2020年後半にiPadを発売し、来年2021年の前半にiPad minを発売する予定である。

評価の高いアナリストであるMing-Chi Kuo氏からの情報によると、新しいiPadの発売をひかえているという。

発売されるiPad miniは、従来の7.9インチから8.5インチへと画面サイズを拡大しているようだ。miniにも ついにベゼルレスデザインが採用される可能性は高い。もし、ベゼルレスデザインとなれば、画面自体のサイズは大きくなろうとも外観のサイズには大きな変化はないだろう。

今年後半に発売が予定されている10.8インチに関して、それがiPadなのか、それともiPad Airなのか、Kuo氏は明言を避けている。

以前リークされた新型の20W充電器を覚えているだろうか。当初、今年の発売が予定されている新型iPhone 12、そのハイスペックモデルであるiPhone 12 Proと、iPhone 12 Pro MAXに同梱されるのではないかと期待を募らせていた。しかし、その後にBarclaysのリサーチノートでiPhoneのパッケージに充電器自体の同梱が否定されていた。

製品化目前の最終モデルと見られる充電器の写真が出回っていただけに、それがどのように提供されるのか謎が謎を呼んでいた。もしかすると、その20W充電器は今回噂になっている2台のiPadに同梱される可能性が高く、期待したいところである。

Source: MacRumors

Apple最新情報・噂
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。