iPhone 12 Pro「iPad Proと同じ120Hz画面採用」動きが より滑らかになる可能性


iPhone 12 Pro「iPad Proと同じ120Hz画面採用」動きが より滑らかになる可能性

iPhone 12では、ディスプレイの表示が滑らかな120Hzのリフレッシュレートが使えるようになるかもしれない。

リーカーであるIce universe氏(Twitter: @Universeice) は自身のTwitter で、iPhone12 ProとiPhone12 Pro MAXのディスプレイは、最大で120Hzのリフレッシュレートに決まったと伝えている。

内容を考察すると、これはおそらくiPhoneにProMotionテクノロジーが使用できることが、決定的な決め手になったのではないかと推測している。

ProMotionテクノロジーとは、通常60Hzで動作をしているディスプレイを一時的に120Hzで駆動させる仕様のものである。iPad Proに採用されている技術となる。

ではなぜ常時高周波数で動作させないのかといえば、それは電力の消費量が関係している。ヘルツ数は大きくなればなるほど、動画の動きが より滑らかになる傾向がある。しかし、ヘルツ数を上げると電力の消費量も上がるため、周波数を可変にした方が システムとしてバランスがいいのである。

iPad Proでは、この技術をLCDパネルで使用している。問題なのは、iPhoneに採用されるディスプレイがOLEDであること。

有機ELとも呼ばれるOLEDは、有機発光ダイオードの略である。LCDは液晶ディスプレイであり、裏面から照射をすることで点灯させるものとなる。つまりまったく以て仕様の異なる画面となり、ディスプレイを供給するメーカーは120Hzで駆動させられるOLEDをiPhone 12に提供する必要が出てくるのだ。

リーカーのIce universe氏は、サムスンの噂に定評のある人物である。AppleのiPhone XやXSといったデバイスに使用されるOLEDにはサムスンから供給されていることもあり、この情報は真実に近いのかもしれない。

もし新しいOLEDがiPhone 12 Proに搭載されるならば、デイバイスの高性能化は更に加速したことになる。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x