Apple、12月のクリスマス「サプライズを用意」か / 新しいゲームタイトル発表の可能性


Apple、12月のクリスマスに「サプライズを用意」か / 新しいゲームタイトル発表の可能性

Appleは2020年12月に、なにかのサプライズを計画している可能性がある。

リーカーの有没有搞措氏 (Twitter: @L0vetodream) は、Appleがクリスマスパーティーの準備を進めていることを伝えた。

有没有搞措氏によると、そのサプライズは、冬限定であり、冬にピッタリのものだという。いつもながら断片的な情報をリークする同氏は、ヒントとして主要な部分のみをツイートし、具体的な内容は伏せた。

Appleが用意するサプライズ。このサプライズを考えた時、それはハードなのか。それともソフトウェアなのだろうか。

もし、ハードウェアが発売されるのであれば、現時点で発表されていないものが急浮上する。

現時点で最有力候補のデバイスは、AirTagsやAirPods Studio、そしてIntel製のCPUを搭載した最後のMacBook Pro 16インチの存在である。しかし、有没有搞措氏が伝えた時期はクリスマス。

12月の頭にデバイスを発表したとして、そこから12月中旬を過ぎた年末に発売するとは考えにくい。

そこで、ソフトウェアのサプライズを考えていたところ、ソフトウェアやサブスクリプション契約(定期契約) に関する割引、あるいは無料期間のサプライズの可能性が浮かんだのである。

サブスクリプション契約に関するサプライズであれば、Apple TV+の無料期間や、Apple Arcadeの無料期間延長が考えられる。

もし、ソフトウェアのサプライズなのであれば、ゲームに関するサプライズである。Appleのリーカーとして有名なFudge氏(Twitter: @choco_bit) は、Appleは人気の某ゲームに匹敵するタイトルを制作中であると伝えた。

そのゲームとは、2017年に発売されたゼルダの伝説 ブレイス オブ ザ ワイルドである。アクションアドベンチャーのカテゴリのもので、とても人気があり、非常に高く評価されているものだ。

冬、クリスマス、年末年始。この3点を当てはめると、この時期に新しいゲームタイトルを出す可能性は高い。

グラフィック性能を大幅に向上したiPad Air 4の登場や、iPad Air 4と同様の処理チップを搭載したiPhone 12シリーズの発売。プロモーションの一環として、ソフトウェアに関するサプライズは、可能性として高い。

iPhone 12のグラフィックス性能、前モデルより70%向上か「iPad Proも敵わない」
Appleが今秋にリリースを予定しているiPhone 12は、iPhoneやiPadの中で群を抜いて高性能なグラフィックス性能を有している可能性がある。iPhone 12に搭載されるチップは、先日リリースされたiPad Air 4に...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x