次期Apple TVは2タイプか / ゲームに特化したハイスペック登場の兆し


次期Apple TVは2タイプか / ゲームに特化したハイスペック登場の兆し

Appleが新しく開発しているApple TVは、価格を抑えたスタンダードモデルと、ゲームなども存分に楽しむことを目指したハイスペックモデルの2タイプが登場する可能性がある。

Appleのリーカーとして有名なFudge氏(Twitter: @choco_bit) は、Appleは人気の某ゲームに匹敵するタイトルを制作中であると伝えた。そのゲームとは、2017年に発売されたゼルダの伝説 ブレイス オブ ザ ワイルドで、アクションアドベンチャーゲームとして、とても人気があり非常に高く評価されているものである。

新しいApple TVの開発目標は、デバイスへの負担が大きいApple Arcadeのゲームを快適に使用できることが最大の目的であり、これまでのApple TVと比べてワンランク上の性能が期待できる。

スタンダードモデルとして開発が進められているものであっても、搭載するチップには抜かりがなく、iPad Pro 2020に搭載されているA12Zチップか、あるいはそれよりも1つ前のモデルに搭載されているA12Xチップを搭載することが見込まれている。

A12Zチップは、パフォーマンス性を重視した8コアのマルチプロセッサである。2020年にリリースされたiPad Air 4に搭載されるA14チップとの比較でも高い性能を知らしめたものとなる。

ハイパフォーマンスモデルに搭載されるプロセッサは、iPad Air 4にも搭載された新型のA14シリーズで、その中でも高い処理性能に重点を置いたA14Xチップが搭載される見込みである。こちらのチップもA12Z同様に8コアを有するプロセッサである。

A14Xを搭載するパフォーマンスモデルには、6GBのRAMメモリーを搭載している可能性があり、プロセッサのみならず、大きなデータ量を取り扱う際に必要なメモリへの心配もなさそうだ。

なお、発売時期については不明となる。しかし、A10チップを搭載した現行のApple TVは、もうそろそろモデルチェンジの時期であり、新しいApple TVとご対面する日もそう遠くはなさそうである。

ただし、一説にはA14Xチップを搭載したハイスペックモデルは、製造に遅延が発生しているともいわれており、発表時期に影響が出ている可能性は否定できない。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x