Apple、日本が車の製造を担当か「Appleがヒュンダイに大激怒」 / ヒュンダイとの交渉停止


Apple、日本が車の製造を担当か「Appleがヒュンダイに大激怒」 / ヒュンダイとの交渉停止

Appleが構想を描く電気自動車を日本企業が製造する可能性がある。

電気自動車の開発に関しては、ヒュンダイとの交渉が露出し、共同開発先として有力視されていた。しかし、その交渉は、1月初めの頃から停止しているようだ。

Bloombergによると、ヒュンダイがAppleの電気自動車の共同開発について、協議を行っている旨を発したことに、Appleが憤慨(ふんがい, 大激怒) していると報じた。Appleとの協議について、今後再開の目処が立っていない。

この交渉を知るヒュンダイの幹部は、賛成派と反対派が対立しており、反対派を幹部職から引き離す案も浮上していたが、後に計画がこじれたり、脱線したりする可能性があった。

一部の反対派が拒否を続ける理由は、製造から販売までをも一貫して行う自動車メーカーの立場から、製造業への転換というブランドイメージの減退。

Appleとのコラボレーションは、短期的に見ればブランドイメージの向上に繋がるが、長期的に見ればブランドイメージの低下や、指揮の衰退、戦意喪失を招く可能性も考えられる。

現在交渉中とされる日本企業は、世界をリードするメーカーとして、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スズキの名前が挙げられている。

電気自動車のプラットフォームには、ヒュンダイが発表したばかりのE-GMPを採用するとの情報もあったが、日本企業が製造を担う場合、そのメーカーが一貫して製造を行うのか、サプライヤーとしてヒュンダイがプラットフォームを出荷するのかについては不明である。

Apple Car、「日本の自動車メーカー」から部品調達かでも伝えたとおり、Appleは複数企業の得意分野を取り入れて1つのデバイスを完成させるため、アッセンブリーの供給を担うサプライヤーは別に用意し、最終工程を日本企業が補う可能性も否めない。

Apple Car、「日本の自動車メーカー」から部品調達か
Appleは、電気自動車の製造に向けて、複数の日本企業と交渉を行っている可能性がある。Nikkeiは、日本を含む複数の自動車メーカーに生産を打診している可能性を伝えた。サプライヤーから仕入れたとされる情報では、少なくとも6社の間...
Apple Car、450馬力のポルシェ911に匹敵か / E-GMP採用「0-100が3.5秒未満」
Appleが発表を見込む電気自動車のApple Carは、ヒュンダイと緊密に調整を整えた上で、欧州のPSAが共同で製造する可能性がある。PSAとは、フランスに拠点を置くPSAグループのことで、自動車の製造や販売を行う多国籍企業である...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx