iMac 27 新型2020モデル、ユーザーがメモリ増設可能 / メモリの詳細が判明


iMac 27 新型2020モデル、ユーザーがメモリ増設可能 / メモリの詳細が判明

Appleは、メモリの増設に関するサポートページを更新し、27インチのiMac 2020モデルの詳細を追加した。

メモリのサポートページによると、2020年モデルのiMac 27インチは、前年2019年モデルに引き続き、iMacユーザーが自身の手でメモリを増設することが可能な旨の記載を行っている。

ユーザーが必要とするメモリの条件や、追加、あるいは換装するための手引きが公開されており、iMac購入時に予算の心配があれば、あとからメモリを換装する選択肢ができたことになる。

Apple、iMacをモデルチェンジ「新型 iMac 27はトータル性能が劇的に進化」
Appleは2020年8月5日、新型のiMac 27をリリースした。デザインそのものは変わっていないが、全体的にパフォーマンスの向上が図られている。今回のリリースでは、27インチがフルモデルチェンジした形となるが、21.5インチのiM...

メモリスロットは4スロットが設けられているようで、標準では2本挿しのようだ。合計8GBの標準メモリは4GBが2本挿されており、必要に応じて標準メモリを外して、最大4本の新しいメモリを組み込むことが可能となる。

2020年モデルのiMacが対応する最大メモリは、32GBを4本使った128GB。使用は下記の通りで、この基準を満たすメモリであれば、使用することができる。

  • PC4-21333
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 260-pin
  • 2666MHz DDR4 SDRAM
Mac メモリ PC4-21300 SO-DIMM 260pin

難しいことはいわないが、メモリの換装はバックアップを取ってから作業を行うことをお奨めする。

交換はシンプルで、iMacの背面にある通気口の間近にあるメモリコンパートメントドアから行う。作業には工具は必要なく、ボタンを押すことでドアが開く仕組みとなっている。詳しくはiMacにメモリを取り付けるをご確認いただければと思う。

早速分解 2020 iMac 27が分解されて内部の構造が明らかに
Appleが2020年モデルとして新しくリリースしたiMac 27が、OWCにより早速分解された。2020年モデルのiMac 27インチは、見た目こそ変化はないが、数多くの仕様変更が行われた。その変更の多くはロジックボード (マザーボー...
iMac 27 新型2020モデル、ユーザーがSSDの交換は不可能 / 記憶装置は素直に必要な容量を選ぶべきか
Appleが先日リリースした27インチの新型 iMacは、記憶装置であるSSDの交換をユーザー自身が行えない仕様となっている。iMac Proよりもプロな構成が話題となっている新型 iMac 27は、従来まで標準であった安定のHDDを切...
2020 iMac 27インチは、最大2台の6Kディスプレイの接続をサポート
Appleが先日リリースした新型 iMac 27は、最大で6Kのディスプレイを2台接続することが可能となっている。Appleがサポートページに公開した内容によると、4K、5K、6Kのディスプレイを接続することができ、ディスプレイの接続可...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x