2020 iMac 27インチは、最大2台の6Kディスプレイの接続をサポート


2020 iMac 27インチは、最大2台の6Kディスプレイの接続をサポート

Appleが先日リリースした新型 iMac 27は、最大で6Kのディスプレイを2台接続することが可能となっている。

Appleがサポートページに公開した内容によると、4K、5K、6Kのディスプレイを接続することができ、ディスプレイの接続可能台数や解像度に関しては、購入時に決定したグラフィックスカードの性能により異なる。

内容を確認したところ、2020 iMac 27インチに搭載されるAMD Radeon Pro 5000番台は、いずれも最低4K画質のディスプレイを1台接続可能としているようだ。

2020 iMac 27インチは、最大2台の6Kディスプレイの接続をサポート

ベーシックタイプの194,800円からのものと、中間タイプに位置づけられた216,800円のものには、4GBメモリを搭載したRadeon Pro 5300のグラフィックカードが付属。高性能モデルとなる249,800円からのタイプには、8GB GDDR6メモリを搭載し、より高性能となるRadeon Pro 5500 XTが標準搭載されている。

高性能モデルは、グラフィックカードをより高性能なものにアップグレードできるオプションが用意されており、Radeon Pro 5700(8GB GDDR6メモリ搭載)とRadeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メモリ搭載)から選択することも可能となっている。

2020 iMac 27インチに接続可能な外部ディスプレイ

iMacに設けられた2つのThunderbolt 3ポートを使用して、最大2つの4Kディスプレイまたは2つの6Kディスプレイを接続できます。

AMD Radeon Pro 5300およびAMD Radeon Pro 5500 XT

次の構成では、最大1台の6Kディスプレイまたは2台の5Kまたは4Kディスプレイを接続できます。

  • 1台の6Kディスプレイ, 解像度 6016 x 3384 10bpc @ 60Hz
  • 1台の5Kディスプレイ, 解像度 5120 x 2880 10bpc @ 60Hz
  • 2台の5Kディスプレイ, 解像度 5120 x 2880 8bpc @ 60Hz
  • 2台の4Kディスプレイ, 解像度 3840 x 2160 10bpc @ 60Hzまたは4096 x 2304 8 bpc @ 60Hz

オプションのAMD Radeon Pro 5700およびAMD Radeon Pro 5700 XT

次の構成では、最大2つの6K、5K、または4Kディスプレイを接続できます。

  • 2台の6Kディスプレイ, 解像度 6016 x 3384 10bpc @ 60Hz
  • 1台の5Kディスプレイ, 解像度 5120 x 2880 10bpc @ 60Hz
  • 2台の5Kディスプレイ, 解像度 5120 x 2880 8bpc @ 60Hz
  • 2台の4Kディスプレイ, 解像度 3840 x 2160 10bpc @ 60Hzまたは4096 x 2304 8 bpc @ 60Hz
早速分解 2020 iMac 27が分解されて内部の構造が明らかに
Appleが2020年モデルとして新しくリリースしたiMac 27が、OWCにより早速分解された。2020年モデルのiMac 27インチは、見た目こそ変化はないが、数多くの仕様変更が行われた。その変更の多くはロジックボード (マザーボー...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x