iOS 14.5に追加機能、iPhone 11シリーズ「バッテリー使用時間が伸びる」可能性


iOS 14.5に追加機能、iPhone 11シリーズ「バッテリー使用時間が伸びる」可能性

iPhoneの次期iOSアップデートで、iPhone 11シリーズのバッテリー持続時間が修正される可能性がある。

Appleが開発者向けに公開したiOS 14.5、6番目のベータ版にバッテリーの再キャリブレーション機能が盛り込まれた。盛り込まれた内容が有効なiPhoneは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max。

キャリブレーションとは、そのものを測定して、正常な状態に保つための調整や校正を行うこと。

Appleによると、iPhone 11シリーズを使用のユーザーが、バッテリーの健全性に問題を抱えており、この問題に対応するためにバッテリーのピークパフォーマンスを再キャリブレーションする。

一般ユーザー向けにiOS 14.5が正式リリースされれば、実装は確実な機能である。

iOS 14.5にアップデート後、機能の状態を確認するには、iPhoneのホーム画面から「設定 > バッテリー > バッテリーの状態」と進む。対象のユーザーには、次のような文面の画面が表示されるようだ。

バッテリーに関する重要なメッセージ

バッテリーの状態警告システムによって最大容量とピークパフォーマンス性能を再調整しています。この処理には数週間かかる場合があります。

なお、このバッテリーの調整は、充電中に自動で行われるもので、ユーザーの手を煩わせることはない。

追加される機能は、バッテリーを健全化する目的のため、バッテリーの劣化を警告する内容が表示されていたiPhoneは、システムの認識値が変更されて表示が消える場合がある。

Appleは、バッテリーのキャリブレーションが正常に終了しなかったiPhoneについて、ポップアップが表示されることがあると伝えている。問題が起きたiPhoneについては、バッテリーを無償で交換が行われる。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x