Apple、MagSafe充電器「iPhone 8から使用可」もうすぐ発売 / 15W急速充電


Apple、MagSafe充電器「iPhone 8から使用可」もうすぐ発売 / 15W急速充電

Appleが、iPhone 12と同時にさり気なく発表したMagSafeは、iPhoneを充電するワイヤレス充電器である。

磁力を利用してiPhone 12に張り付く構造は、iPhone背面に設けられた充電可能箇所へ吸い付くようにデバイスを誘導する構造で、現在浸透しているQi規格のワイヤレス充電器よりも扱いが容易である。

日本での販売価格は、4,500円(税別) 。現時点では販売を開始していないが、Apple Storeのアクセサリ一覧にMagSafe充電器の存在を確認できることから、近日中に販売が開始される可能性が高い。おそらくiPhone 12の発売日前後だろう。

iPhone 12シリーズは発売日が2つあり、タイプにより手にする日が異なる。詳しくは下記のリンクを確認してもらいたい。

Apple、iPhone 12を発表「発売日は2つ」 / 注目のスペックと発売日
Appleは、日本時間の2020年10月14日2:00からスタートした発表イベントで、iPhone 12シリーズの発表を行った。1ヶ月の遅延ののちに発表されたiPhoneは、噂通り「iPhone 12 mini」「iPhone 12...

MagSafeは、元々Macノートの充電ケーブルに採用されていたことが起源で、装着も着脱も非常に利便性がよかった。そんなMagSafeは、iPhoneに採用されることを機に、若干構造の変更が行われている。

新しくiPhone用に用意されたMagSafeでは、MacのMagSafeのように接点が用意されているものではなくなった。

Apple、MagSafe充電器「iPhone 8から使用可」もうすぐ発売 / 15W急速充電

その構造は、ワイヤレス充電と磁力を融合したものとして、iPhoneの背面に張り付く。充電中にiPhoneを使用することや、就寝時に枕元に置いておくことを考えれば、こちらの方が確実なのだろう。

簡単に仕様を説明すると、iPhoneへの充電は、MagSafeを利用してiPhone 12シリーズ以降に充電する場合、15Wの超急速充電に対応している。

MagSafe自体は、最大能力15Wで充電可能となるが、Qi規格に対応する旧型のiPhoneを充電することにも対応しており、この場合は最大7.5Wの急速充電が可能となる。

Qi規格に対応しているiPhoneは、iPhone 8以降のモデルとなるが、MagSafeで吸い付くように張り付くような感覚を得るにはiPhone 12シリーズ以降でなければならない。MagSafeは、MagSafe充電器に磁力を持っているが、この磁力を利用するためにはiPhoneの背面にも磁力を有する金属を内蔵している必要があるためだ。

おそらく、そのうちサードパーティー製のケースが、磁石を内蔵して登場するのではないかと推測している。

今後、MagSafeに対応したサードパーティー製のアクセサリも多く販売が開始される見込みである。確実に便利になるアクセサリである。時期を見て紹介したいと思う。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x