2021 iPhone 13、部品の生産がスタートか「新型の処理装置A15チップの生産」


2021 iPhone 13、部品の生産がスタートか「新型の処理装置A15チップの生産」

Appleが2021年モデルとして発表を見込まれるiPhoneの製造が、リリースに向けて動き出したようだ。

製造に動きが見られたのは処理装置で、デバイスの要となる部分である。DigiTimesは、Appleへ処理装置の提供を担うサプライヤーが、iPhone 13用のチップ生産を正式に開始したと報じた。

2021年モデルのiPhoneに搭載が見込まれている処理装置は、A15 Bionicチップ。

A15チップは、2020年モデルのiPhone 12シリーズや、同年リリースのiPad Air 4に採用されたA14チップをアップグレードしたモデルで、A14チップと同様のプロセスを経て製造が行われる見込みである。

アップグレードが施されて登場のA15チップは、A14チップを基準に全体的なパフォーマンスの底上げがなされる見込みで、処理の更なる高速化と省電力化が進むと推測されている。

iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズと同様のラインナップで登場するといわれている。そして、その中でもハイエンドに当たるiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxについては、より滑らかな映像の提供が可能となるLTPOディスプレイの採用など、多くのアップデートが施される可能性がある。

新たなディスプレイの採用で、これまでには実現が現実的ではなかったシステム設計が可能になり、たとえば、Apple Watchのようにディスプレイを常時点灯させることで、時計や通知などが常に把握できる状態を作り出せる可能性もある。

2021年以降のiPhoneとiPad、Face IDセンサー小型化「デバイスの小型化に貢献かも」
Appleは、iPhoneとiPadに搭載のFace IDセンサーチップを小型化する可能性がある。DigiTimesによると、VCSELチップ(垂直共振面発光レーザー) のダイサイズ、つまりチップのサイズを40から50%も縮小するこ...
ディスプレイアナリスト、iPhone 13 Proは120HzでProMotion採用
Appleが2021年モデルとしてリリースを予定しているiPhone 13シリーズは、ProMotionを採用して登場するといわれていたが、どうやら情報に間違いはないようだ。2020年モデルのiPhone 12シリーズには、ProM...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x