ARMベース初のMacは「12インチのMacBookから」始まるかも


ARMベース初のMacは「12インチのMacBookから」始まるかも

Appleは、WWDC20で12インチのARMベースMacBook 12インチを発表する可能性がある。AppleのリーカーであるFudge氏(Twitter@choco_bit) によると、AppleのARMを搭載したMacBookは、皆の期待よりも早く来るだろうと伝えている。

redditに投稿された根拠を示す内容によると、非常に高性能でスリムなポータブルマシンが出来上がると予測しており、これを機に次のステップではiMac、MacBook Pro16、Mac Proへと随時ARMベースの処理装置が搭載されていくと期待している。

2021年から2022年または2023年までには、少なくとも1台のARM搭載MacがAppleのラインナップに組み込まれるという。第1弾の火付け役を担うコンピューターはMacBookで、一度廃止された12インチが復活するとの見通しである。

Macのプライマリープロセッサとして使用するために、特別に設計している8から12コアのA14xベースのプロセッサを開発している兆しがあり、この処理装置がMacBookへ搭載される可能性は高い。

また、Appleは悪名高いバタフライキーボードを完成させるために、社内でまだ取り組んでいるという噂があり、完成しているのであれば、薄さを考慮する必要があるMacBook 12へ搭載されることは必然だろう。

Appleが史上最大のWWDC20を6/22(月) 26時より開催
Appleは、世界開発者会議(WWDC) の基調講演を日本時間の2020年6月23日(火)午前2:00に開催すると発表した。今回は、今までに前例がない完全オンライン講演となる。今年後半、Appleプラットフォームにエキサイティングで革新...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x