次期 iPhone SEはA14 Bionic 搭載、コスパがいい3タイプか


次期 iPhone SEはA14 Bionic 搭載の3タイプか

Appleは、次期型となるiPhone SEを開発しており、3世代目となるSEには合計で3タイプが用意されている可能性がある。

リーカーであるApple RUMORs氏(Twitter: @a_rumors1111) は、3つのiPhoneが写る画像と共に、次期型のiPhone SEには3つのモデルがあることを伝えている。

モデルのインチサイズは5.5インチと6.1インチの2種類の大きさで、すべてにA14 Bionicプロセッサを搭載していることが共通点となる。

画像で示されたiPhoneには3種類のサイズが確認できるが、これは現状で販売されている画像を元にアップされたようで、真ん中のiPhone 8 Plusは、それと同じ形をした5.5インチのiPhone SEを準備しているということのようである。

以前、Wedbush証券は、Appleが2020年に最新の5Gに対応したiPhone 12シリーズを発売したのち、2021年前半に従来の4Gネットワークに対応した割安なiPhoneをリリースする可能性があることを伝えていた。もしかするとApple RUMORs氏の発した3つのiPhone SEは、4Gに対応した割安なモデルになる可能性がある。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x