M1 Macに感染するウイルス、Appleの措置に疑問の声「公証システムの不具合か」


M1 Macに感染するウイルス、Appleの措置に疑問の声「公証システムの不具合か」

Appleシリコンを搭載したMacに照準を合わせたウイルスが複数出現し、MacユーザーはAppleの対応に苦言を呈している。

最近露わになったウイルスの存在は、PirritとSilverSparrow。現在M1 Macを狙うウイルスは、この2つが確認されており、感染は世界中のMacに広がっている。

このウイルスは、どちらもマルウェアという種類に属すもの。Pirritは、広告を表示したり、Safariなどのブラウザからデータを抜き取ったりするアドウェアで、SilverSparrowは存在が謎のマルウェアとなる。

ウイルスの詳細については、文字に貼られたリンクあるいは下部に表示の見出しからご覧いただければと思う。

問題は、SilverSparrowに対して行ったAppleの措置で、Appleはパッケージの署名を元に、開発者アカウントの許可を取り消し、感染の拡大を防いだと伝えた。

Appleは、App Storeに並ぶアプリの検査はもちろん、App Store以外で配布されているソフトウェアに関しても目を光らせており、外部サイトでソフトウェアを公開するには、Appleへ申告することを義務づけている。

具体的には、外部サイトで配布のMacソフトウェアに関してもアップルがすべて公証を提供するというもので、Mac上でソフトウェアを動作させるには、公証要件を満たす必要がある。

では、一体なぜウイルスの拡大が始まったのか。

この件を報じたMacRumorsのコメント欄には数多くの書き込みが集まり、様々な議論が巻き起こっている。

一番わかりやすいコメントを抜粋すると、Appleがソフトウェアに潜む脅威の検出に、自動化されたスキャンシステムを用いているならば、どうしてこれほど多くのMacが感染してしまったのか。

Appleは、発見したウイルスの開発者をブロックすることで、広がりを見せる脅威を完全に断ち切ったが、この措置は一時的な根絶でしかなく、検査システムの改修を進めなければ、再び同様のウイルスが蔓延する可能性が示唆されている。

広告表示を行うアドウェアのように、ウイルスの中でも軽微なものであれば差し支えないと感じるかもしれないが、どんどん知識をつけるユーザーに、Appleがどう対処するのか、今後の進展が気になるところである。

M1 Macを攻撃、専用設計のマルウェアPirritが発見される
Appleシリコンを搭載したMacを攻撃するマルウェアが発見された。元NSAの研究員で、セキュリティ研究者のPatrick Wardle氏は、AppleシリコンのM1チップを搭載したMac用にチューニングされたマルウェアの存在を公表...
M1 Mac、また新型ウイルス ただし、存在がナゾ / Intel搭載Macも感染「感染を防ぐには」
Appleシリコンを搭載したMacに照準を合わせたウイルスが、また発見された。数日前に、AppleシリコンのM1チップが搭載されたMacを標的とする専用設計のウイルスを紹介した。このウイルスは、広告を表示したり、Safariなどのブ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x