M1 Macを攻撃、専用設計のマルウェアPirritが発見される


M1 Macを攻撃、専用設計のマルウェアPirritが発見される

Appleシリコンを搭載したMacを攻撃するマルウェアが発見された。

元NSAの研究員で、セキュリティ研究者のPatrick Wardle氏は、AppleシリコンのM1チップを搭載したMac用にチューニングされたマルウェアの存在を公表した。

今回発見されたマルウェアは、これまでにもMacを攻撃する存在と知られていたPirritである。

Pirritは、画面に広告を表示するマルウェアで、正確にはアドウェアという分類のものになる。

発見されたM1チップ用のPirritは、GoSearch22.appというアプリケーション名で存在し、このアプリケーションがインストールされたM1 Macは、不用意に表示される広告に悩まされるほか、Safariなどのブラウザからデータを収集されてしまう被害を受けることになる。

Wardle氏によると、ウイルス対策ソフトの多くはIntel製のCPUを搭載したMac用に作られたPirritを検出することができるが、現時点ではM1チップを搭載したMac用に作られたものの検出には失敗すると伝えている。

M1 Mac、また新型ウイルス ただし、存在がナゾ / Intel搭載Macも感染「感染を防ぐには」
Appleシリコンを搭載したMacに照準を合わせたウイルスが、また発見された。数日前に、AppleシリコンのM1チップが搭載されたMacを標的とする専用設計のウイルスを紹介した。このウイルスは、広告を表示したり、Safariなどのブ...

Via: AppleInsider

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x