iPhoneがUSB-C採用の可能性は低い / 当面Lightningポート採用か


iPhoneがUSB-C採用の可能性は低い / 当面Lightningポート採用か

Appleは、iPhoneの接続ポートを当面の間、LightningからUSB-Cへ移行する可能性は低い。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、予見可能な将来のために、iPhoneのLightningコネクタを見捨てることはないと予測している。

Kuo氏によると、その予見可能な将来とは、防水性能と利権の問題が絡んでいる。

LightningとUSB-Cを比較した場合、USB-Cには防水性能に問題を抱える可能性が高く、様々なユーザーが安心して使用する上で、防水性能を落とすことは危険に満ちた行為となる。また、Appleは自社のLightningを利用したケーブル類の作成をアクセサリーメーカーが行う場合、Lightning使用料を徴収しており、その収益源の減少に懸念を示しているようだ。

ただし、AppleはLightningポートに執着しているわけではない。その理由は、例えば、接続ポートの廃止や新たなポート採用の可能性である。

最近では、Macに搭載のMagSafe充電ポートとよく似た構造の特許を取得しており、今後はワイヤレス充電のMagSafeと、ケーブル接続型のMagSafeの両方を搭載するiPhoneが登場する可能性もある。

接続ポートの廃止については決定的な情報はないが、Appleは接続ポートを有さないiPhoneがトラブルに遭った際の回復方法を研究しているといわれており、このことがポートの廃止を示唆する内容として広まった。

もしかすると、特許を取得した接続ポートにはデータ転送機能を有さず、トラブル時の回復策としてシステムの開発が進めているのかもしれない。

Appleは、環境問題に関して非常に強い思いを抱く会社であり、ポートなどのパーツ削減を行うことで、環境への負担を減らす目的を視野に入れている可能性がある。

そのことを踏まえた上で、納得の行く未来図を模索すると、ほかのパーツを組み込むためのスペースを確保するために、ポートの廃止、あるいは内部専有面積の少ない接続ポートの採用を計画している可能性がある。

ほかのパーツとは、画面内指紋認証である。次世代のiPhoneは、ディスプレイ内蔵型のTouch IDを搭載すると予測されている。現状ではセキュリティの面で、それがどのような危険をはらむのか研究が進められている最中であるとの情報もあり、早々に搭載される可能性は低い。しかし、先を見据えた開発としては計画が進められている可能性があり、パーツをiPhone内部に収めるための改良は進められていそうだ。

次世代のiPhone、「MacのMagSafe」類似ポートを搭載か
次世代のiPhoneは、Lightningポートを廃止し、代わりのポートにMagSafeポートを有する可能性がある。2021年3月2日、Appleは「磁性体の表面接触」に関する特許を取得した。
iPhone 13、MagSafe充電専用か / 不動時のリカバリーモード開発に着手の噂
Appleが近い将来発表する次期型のiPhoneからは、Lightningポートがなくなり、充電はMagSafe充電の選択肢しか残されない可能性がある。このAppleの目論みは、Touch IDの内蔵を視野に入れている可能性もある。...
2021年モデル、「iPhone 13ではなく、iPhone 12Sか」 / Touch ID内蔵型ディスプレイの可能性
Appleは、例年恒例としているiPhoneのアップデートを2021年にも計画していることが見込まれており、その計画上にある次期iPhoneのフラッグシップモデルは、iPhone 12Sの名前が与えられて登場する可能性がある。Blo...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x