iPhone 13、「電波が無いところでもメールや電話」低軌道衛星通信接続モデム搭載か


iPhone 13、「電波が無いところでもメールや電話」低軌道衛星通信接続モデム搭載か

Appleが2021年モデルとして発表を予定する新型のiPhone 13シリーズは、キャリアの電波が届かない場所でも通話や通信を行うことが可能になるとの情報が出てきた。この情報の出所は、著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏。

Kuo氏によると、次期型のiPhoneには新型のモデムが採用されており、低軌道(LEO) 衛星通信接続を可能にする。

iPhoneで通話やメールを行うには、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアと契約し、キャリアの通信網を利用してデータの送受信を行う。しかし、山間部や海上など、一部の電波が届かない場所では、通話などの手段が立たれている現状がある。

Appleは、この問題に対して、地球上空に浮かぶ衛星を利用した通信を取り入れることを選んだようだ。

Kuoは、低軌道衛星通信に対応するためには、キャリアが衛星通信を事業とするグローバルスターと協力することだと説明している。この場合、通信にかかる費用に関しては、ユーザーは追加料金や契約を必要とせずに、キャリアが少々負担を背負う形になるようだ。

低軌道の衛星通信サービスに関しては、SpaceX社のStarlinkが有名だが、AppleはGlobalstarと協力することを選ぶだろうと伝えている。

iPhone 13シリーズのモデムは、衛星通信をサポートするようにカスタマイズされたQualcomm X60が搭載される見込みとなる。

iPhone、2022年以降に衛星通信接続へ対応か「電波の届かない場所からも救難信号送信が可能かも」
Appleは、2022年以降のiPhoneに、緊急時に対応する特別な通信機能を装備する可能性がある。BloombergのMark Gurman氏は、AppleがiPhoneに衛星通信機能を追加する計画を進めていると報じた。
iPhone 13は5Gネットワークの安定性向上か「衛星通信機能は解釈を誤った可能性」
2021年モデルのiPhone 13シリーズは、5Gネットワークへの接続性や安定性が向上している可能性がある。以前、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年モデルのiPhoneには、ドコモやau、ソフトバンクといったキャ...
2021年モデルのiPhone「名称はiPhone 13」で確定かも
Appleが2021年モデルとしてリリースを予定しているiPhoneは、マイナーアップデートにも関わらず、iPhone 13シリーズの名称が与えられて登場する可能性がある。デザインを刷新せず、部分的なアップデートに留まった年度の新型...
2021年iPhone 13は9月17日発売確定か「AirPods 3も引き続き9月30日との情報」
Appleが2021年モデルとしてリリースを予定する新型iPhone 13シリーズは、例年通りの予定で9月に発売される可能性がある。IT Homeが報じた情報によると、iPhone 13シリーズは、9月17日に発売される。そして、そ...
iPhone 13、画面内Touch IDは非搭載か「安全性が証明されなかった可能性」
Appleは、2021年モデルのiPhoneに搭載が噂されていた画面直下への埋め込み型指紋認証について、搭載時期を延期した可能性がある。画面下に内蔵するTouch IDの存在は、BloombergのMark Gurman氏によって公...
調査会社、iPhone 13は9月に発売「入手が難しくなる可能性」
2021年モデルのiPhoneは、2020年モデルとして登場のiPhone 12シリーズよりも入手が難しくなる可能性がある。2020年モデルをさらに高性能化したモデルとして登場予定のiPhone 13シリーズは、出荷予測で前年比30...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x