Apple、高出力バイクがiPhoneのカメラを壊す可能性「自転車も要注意」


Apple、高出力バイクがiPhoneのカメラを壊す可能性「自転車も要注意」

Appleは、iPhoneのカメラシステムについて、新たなサポートドキュメントを公開した。

このドキュメントは、高出力エンジンを搭載したバイクが、iPhoneのカメラシステムに影響を与える可能性があるという警告文である。

簡単に砕いて伝えると、バイクの振動がiPhoneに影響を及ぼす可能性があり、カメラ撮影を行おうとした際に、カメラの性能が正常に発揮できなくなる。

iPhoneのカメラシステムには、美しい写真を収めるために、手ぶれなどを抑える制御システムが内蔵されている。

搭載される光学式手ぶれ補正やオートフォーカスを搭載したiPhoneのカメラは、一枚の写真を撮るために様々なメカニズムが取り入れられて機能している。その内部構造には、ジャイロスコープや磁気センサーが使用されており、Appleからの警告は、これらの内部機器が特定の微振動に長時間晒されると正常に動作しなくなり、カメラ撮影に影響が出る恐れを伝えている。

この様なリスクを軽減するには、バイクから直接振動を受けない状態を保つこと。

ツーリングのナビゲーションなどを目的に、ハンドルバーなどにiPhoneを固定して走行するバイカーを見かけるが、こうした使用用途の場合、バイクからの振動がマウントを通してiPhoneに直接伝わるために、iPhoneに影響を及ぼす可能性がある。

影響を軽減するためには、iPhoneを固定するホルダーに衝撃吸収用のクッション材などが使用されている製品をお奨めしたい。ただし、この様な対策を施したとしても影響がどれほどの物かは定かではなく、必要以上にバイクへiPhoneを固定することは避けた方がいいのかもしれない。

注意したい点は、このサポートドキュメントには、高出力エンジンから発せられる特性の周波数が影響するとの見出しが与えられているが、小型のバイクや自転車などの振動もiPhoneに影響を及ぼす可能性がある。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x