次期iPhone SE 第3世代、指紋認証のTouch ID搭載で、Lightningケーブル付属なしか


Appleは、2021年にiPhone SEの3世代目を無し無し仕様のシンプルパッケージとして発表する可能性がある。

次期iPhone SE 第3世代、指紋認証のTouch ID搭載で、Lightningケーブル付属なしか

以前、Commercial Timesは、最新のA14チップを搭載した次世代のiPhone SEが、2021年に発売する見込みと報じていた

通常シリーズの廉価版として登場するiPhone SE 第3世代は、iPhone 12シリーズやiPad Air 4同様にA14チップを搭載すると予測されているが、5Gへの対応はしないものと噂されている。

コストを抑えることで割安に提供できるデバイスは、途上国を含めてまだまだ要望の多い仕様のため、こうしたiPhoneの発売は可能性として高い。

そこに、今回のアンケートである。Appleは、iPhone 12シリーズの購入者を対象に、顔認証のFace IDを使用した感想や、付属のケーブルに関してを問う調査を行っており、その選択肢に、なにやら引っかかりを感じる部分があるのだ。

その部分というのが、Face IDに不満を持つと回答した人へ向けた次の選択肢である。

  • セキュリティやプライバシーの懸念
  • Face IDを使うためにスマホを手に取る行為
  • 認証の遅さ
  • 顔を検出しないときがある (薄暗い場所、異なる角度、横になっている、サングラスをかけている時など) 。
  • 指紋認証を好む
  • 認証の信頼性 (常にiPhoneのロックが解除されるわけではない)
  • その他
  • 確信が持てない

Appleは、こうしたアンケートをiPhone 12シリーズ発表の前にも行っており、同iPhoneのパッケージ内からは充電アダプタの存在が消えてしまった。

今後登場するiPhoneからは、Lightningケーブルを省く可能性と共に、顔認証のFace IDを指紋認証のTouch IDに置き換える準備も調整範囲内に収められている可能性がある。

マスクの着用で、Face IDの認証ができないと訴えるユーザーは一定数おり、指紋認証のTouch IDの利便性が見直されつつある。

現時点では、アンケートが始まったばかりで何とも言い難い部分はあるが、結果次第では廉価版として登場するiPhoneには、全画面でありながら顔認証は搭載せず、指紋認証を搭載したモデルになる可能性は否めない。

全画面 iPhone SE 3 Plus、2021年にA14を搭載して登場か
Appleは、今秋に4GをサポートするiPhone SEをリリース後、2021年にもiPhone SE Plusを発売する可能性がある。Commercial Timesは、最新のA14チップを搭載した次世代のiPhone SEが来年...
2021年のiPhone 13、「付属品なし」か / Appleが再び調査を開始
Appleは、将来的にiPhoneやiPadの付属品をなくしてしまう可能性を模索しているようだ。2020年モデルとして登場したiPhone 12シリーズ。この新しいiPhoneを購入した一部のユーザーを対象に、Appleはデジタルア...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x