MagSafe充電器、充電が遅い「Lightningケーブルの2倍」の時間


MagSafe充電器、充電が遅い「Lightningケーブルの2倍」の時間

Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズは、MagSafeという新たな充電スタイルを搭載して登場した。

新しいiPhoneに搭載されたMagSafeは、磁石の力で吸い付く新しいワイヤレス充電器である。従来までのワイヤレス充電では、手探りで充電可能ポイントを探っていたが、その煩わしさから解放される喜びは計り知れない。

そして、なによりMagSafeが従来のものよりも優れている点は、充電時間の短縮である。

iPhoneは、iPhone 8以降にQi規格のワイヤレス充電機能を搭載している。Qiは、通常5Wで充電し、急速充電に対応した充電器であれば、iPhoneを7.5Wで急速充電可能である。

しかし、MagSafe充電器はQi規格の急速充電よりもワンランク上で、MagSafeに対応したiPhoneを15Wという能力でワイヤレス充電することが可能である。従来までのiPhoneに搭載されていた急速充電の実に2倍の充電性能は、ケーブルを接続する焦れったい充電方法を好まないユーザーにとっては朗報である。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950(2020/11/28 22:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、問題はここからなのである。15Wという急速充電に対応したMagSafeは、有線ケーブルで接続した充電スタイルと、どれほど充電時間に差が生まれるのだろうか。

この問題をいち早く確かめたウォールストリートジャーナルは、YouTube動画で衝撃的な数値を公開した。

MagSafe充電器、充電が遅い「Lightningケーブルの2倍」の時間

なんと、iPhone 12シリーズに搭載された新しいMagSafe充電機能は、Lightningケーブルを接続して充電する従来の充電方法に比べて、2倍の時間を要するという結果を出したのだ。

MagSafeは、Qi規格のワイヤレス充電と比べて2倍のパワーで充電でき、有線ケーブルとの比較では2倍の時間が掛かるという結果。

MagSafeは確かに使いやすい。以前にも書いたが、Macに採用されていたMagSafeを使用したことのある人であれば、吸い付くような充電方式は病み付きである。

時間を取るべきか、利便性を取るべきか。iPhoneのMagSafeは、使用場所を選びそうである。

MagSafe、「iPhone 12の充電が遅すぎる」iPhone故障か / iPhone 11以前のモデルは1W未満に制限か
AppleがiPhone 12シリーズと同時にリリースしたMagSafe充電器は、MagSafe充電に対応するiPhoneで使用することができるワイヤレス充電器である。その充電能力は15Wと、従来のQi規格対応のiPhoneと比べて...
MagSafe充電器、20Wアダプタ以外「性能を発揮せず」 / 96Wアダプタで13W
AppleがiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafe充電器は、iPhoneのワイヤレス充電をより確実に行える新機能として登場した。この充電機能を利用するには、MagSafeに対応したデバイスを使用する必要があり、現時...
MagSafe充電器、iPhone 12 Proに装着跡が残ると報告
Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズ。この真新しいiPhoneに採用されたMagSafe充電機能について、予想通りの結果が公開された。MacRumorsのフォーラムにコメントを寄せたiPhone 12 Proユーザ...
MagSafe充電器「iPhoneの充電が遅い」ときに確認する項目
AppleがiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafe充電器は、ワイヤレス充電の可能性を引き上げた充電器である。Macの電源ケーブルから始まったMagSafeは、脱着の容易さがデバイスの利便性を向上させるものとして、i...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x