一部のMacでスクリーンセーバーから戻らなくなる不具合 / スクリーンセーバーを終了する方法


一部のMacでスクリーンセーバーから戻らなくなる不具合 / スクリーンセーバーを終了する方法

M1チップを搭載した一部のMacは、一般的な操作ではスクリーンセーバーを終了することができないバグを抱えているようだ。

このバグについて、MacRumorsは一部の設定が有効になっているMacが対象と伝えている。

その設定とは、ファストユーザスイッチで、これはユーザの切り替えを素早く行うための機能である。

スクリーンセーバーが終了できなくなったMacを復帰させるには、物理的な動作を与えるか、ショートカットキーを利用する。

MacBook ProやMacBook Airの場合、画面を閉じてから再び開くか、Touch IDに指を置き指紋認証を行う。

Mac miniの場合は、キーの組み合わせを利用して、画面をロックあるいはユーザのログアウトを行う。

画面ロックするには、「Control+Command+Q」を押す。ユーザのログアウトは、「Option+Command+Q」を押す。

ファストユーザスイッチをオフにするには、画面左上のリンゴマークをクリックし、「システム環境設定」を開く。そして、一覧から「ユーザとグループ」を開き、表れた設定項目から「ログインオプション」へ入り、ファストユーザスイッチメニューのチェックを外す。

設定項目に変更が加えられない場合には、左下の鍵マークをクリックし、Macのパスワードを入力して南京錠を解除する。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x