Apple Watch 3、不具合多発 watchOS 7にアップデート後に報告多数


Apple Watch 3、不具合多発 watchOS 7にアップデート後に報告多数

Appleが2020年9月16日に正式リリースしたwatchOS 7。この新しいOSにアップデートを行った一部のApple Watchユーザーが、多数の不具合を経験しているようだ。

問題を抱える結果となったApple Watchはシリーズ3で、2017年9月22日から発売されているモデルである。現状で最もリーズナブルなApple Watchは、Watchに関心のあるエントリーユーザーに人気が高く、発売当初から愛用している人も多い。

非接触型ICカードを内蔵したApple Watchは、SuicaやiDなどの電子決済が可能で、アップデート後に不具合が出ては日常生活に支障を来す可能性がある。

不具合は、具体的には どのようなものが出ているのか、Appleサポートフォーラムに投稿された内容を確認すると、軽傷ではない雰囲気が漂ってきている。

投稿者のApple Watch 3は、最新のwatchOS 7へ自動アップデートが完了したところ、1日で3回のシャットダウンを経験したり、ロックされたまま起動しない症状が出てたりしているという。

ほかにも複数の面で不具合が出ている。たとえば天気やアクティビティ、日付などの読み込みに失敗している。WatchをペアリングしているiPhoneからは2回ほど切断されているそう。

バッテリーの消費にも異常が出ている。約8時間の使用では、本来ならばバッテリー残量が80%以上をキープしているはずが、50%ものバッテリー消費が確認されている。

不具合をまとめてみると、以下のようになる。

  • 突然のシャットダウンなどWatchが使えない症状
  • 通信・同期不良
  • バッテリーの過剰消費

新しいwatchOSにアップデートしない方がいいのだろうか。しかし、JPCERTコーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)が共同で運営するJVNは、Apple Watchを含めて、旧型のOSに脆弱性があることを指摘しており、速やかにアップデートを行うように呼びかけている。

Apple、iPhoneやMacなど、主要な複数デバイスに脆弱性
JPCERTコーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)が共同で運営するJVNは、アップル製の複数デバイスに脆弱性が見つかったとして、その情報を公開した。脆弱性が見つかったデバイスは、Appleの主要デバイス...

新しいwatchOSにアップデートしたApple Watchは、旧OSへのダウングレードを行う手段がない。

最新にアップデートしたユーザーも、アップデートが推奨されている旧OS使用のWatchユーザーも、双方が悩む結果は望ましくない。一刻も早くOSの更新を提供していただきたいものである。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x