Apple Watch、やはり9月15日に「新色登場が有力」か


Apple Watch、やはり9月15日に「新色登場が有力」か

Appleが現地時間2020年9月15日に行うイベントで、新しいApple Watchの発表が行われる見込みだが、やはり新色の追加が行われる可能性が上がってきている。

Apple関連の正確なリークで有名な有没有搞措氏 (Twitter: @L0vetodream)は、TwitterでApple Watchの新しい色が出ることを伝えている。

有没有搞措氏の発する情報はかなりの精度で正確なものとなっており、今回も決定的な何かを見ることができたのではないかと推測している。

Appleの内通者であるLeaks氏(Twitter: @LeaksApplePro)は、Apple Watchの新色がブルーであることを伝えている。

新しく発表されるApple Watchは、全体的なデザインに大きな変化はないものの、システムとしてのアップグレードは行われているようだ。Watchのアップグレードとして一番の見せ所は、バイオセンサーの追加で、血中酸素の飽和状態の検出や、脈拍数や心拍数、心房細動を測定するという。

現状ではリリースされていないために、このセンサーが本当に追加されて登場するのか否かについては判断のしようがないが、追加されるセンサーの電力を補うために、容量を若干大きくしたバッテリーを用意しているという噂や、バッテリーの安全性を確認する認証機関の認可情報もある。Watchのバージョンアップとして買い換えを検討しているユーザーにとっては興味深いところではないだろうか。

Apple Watchは安価な廉価版のリリースも噂されているため、今後多くのApple Watchユーザーが誕生するのではないかと見込んでいる。

新しく登場するwatchOSでは、子供用のシステム設定も用意されているとの情報もあり、いろいろな方向から期待が膨らむデバイスになりそうだ。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x