iPhoneのカメラ修理、非正規の修理は「画面に警告」表示を追加か


iPhoneのカメラ修理、非正規の修理は「画面に警告」表示を追加かPhoto: iFixit

Appleは、純正のカメラユニットを使用せずに修理されたiPhoneに、警告を表示する可能性がある。

その可能性が発見されたのは、開発者用として公開されているベータ版。iOS 14.4の2番目のベータ版が公開され、その中から新たなコードが見つかった。

見つかったコードには、Appleの純正部品を用いずに、社外品のカメラユニットを使用して修理されたiPhoneに対して、警告を表示するというもの。

警告には「このiPhoneに、Apple純正のカメラを確認することができません。」と書かれている。

前例として、AppleはiPhone 11シリーズのディスプレイやバッテリーを交換した際に、その部品が非正規品の場合、設定内に設けられたiPhoneの「情報」やロック画面に警告文を表示している。

おそらく、カメラに関しても同様の場所に警告が表示される可能性がある。

iFixitは、カメラやディスプレイの交換を正常に完了するには、Appleの認定技術者が部品を交換後にシステム構成アプリを実行する必要があるとした上で、もしその手順を踏まなければ、システムに問題を発生したり、使用が不可能になったりする可能性を伝えている。

警告の表示は、社外品の部品が使用できなくなったことを指しているわけではないが、iFixitの見解や、警告文の表示を考えると、今後の修理はメーカーに依存するしかなさそうである。

iPhone、ドコモの保証とAppleCare+「どちらを選ぶべきか」 / 最終的にキャリア保証を奨める理由
AppleのiPhoneを購入するにあたり、万が一の備えとして有料の保証を追加することが一般的である。しかし、保証には、Appleが用意しているものと、ドコモという通信キャリアが用意しているものがあり、結局どちらを選択すべきなのかと悩む...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x