iPhone 2022年モデルは2サイズか「iPhoneのラインナップからminiが消える」


iPhone 2022年モデルは2サイズか「iPhoneのラインナップからminiが消える」

2022年モデルのiPhoneは、サイズのラインナップを見直して、人気サイズの販売に集中する可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏による情報では、2020年モデルで登場したiPhone 12 miniが、2022年モデルのラインナップから退く。

2022年モデルのサイズラインナップには6.1インチと6.7インチのみが採用され、ハイスペックモデルとスタンダードモデルにそれぞれ2つのサイズが用意される。

ハイスペックのProモデルに関しては、画面内蔵型のTouch IDを搭載し、現在主流の顔認証のFace IDと指紋認証の両方に対応したデバイスとして登場する可能性がある。

なお、スタンダードモデルに関しては、コストの関係で指紋認証を搭載しない可能性はあるが、価格面での推しを強めるためか、割安な価格として900ドルを切る値段に販売価格が設定されるかもしれない。

Appleは、フラッグシップとして用意するシリーズのほかに、廉価版としてiPhone SEの新型も発表を計画しており、こちらに関しては900ドルよりも更にロープライスで提供される見通しとなる。

iPhone 13 2021年モデルは7タイプになる予定「規制データベースに新型7台の記載」
Appleが2021年モデルとして発表を予定しているiPhoneは、合計で7台となるはずである。ユーラシア経済同盟の執行機関であるユーラシア経済委員会(ECC) に、Appleが未発表のモデル番号が登録された。
2022年はiPhone SEの新型登場か「5G搭載の最安iPhoneとして位置付け」
Appleは、2022年の前半に、iPhoneとしては割安なモデルの発表を行う可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、AppleはiPhone SEの新型を発表する計画を進めている。登場が見込まれるiPho...
2021年2022年のiPhoneやiPad、チップは順調に高性能化「2022年に3nmチップ生産を準備」
Appleのサプライヤーとして、デバイスに搭載の処理装置を供給するTSMCは、2022年後半に3nmのプロセスで生産を開始するための準備を進めているようだ。DigiTimesによると、2021年には4nmチップの生産が開始される。こ...
2021年 iPhone 13、画面内Touch ID搭載で調整か
2021年モデルとしてAppleがリリースを見込む新型のiPhoneは、これまで幾度となく噂になってきた指紋認証技術を搭載して登場する可能性がある。指紋認証によるセキュリティ機能の搭載は、iPhoneのホームボタンに内蔵されたセンサ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx