HomePodが高音質ロスレスオーディオをサポート「HomePod 15で正式に」


HomePodが高音質ロスレスオーディオをサポート「HomePod 15で正式に」

Appleは、HomePod 15の開発者向けベータ版で、Apple Musicのロスレスオーディオをサポートした。対応デバイスは、HomePodとHomePod miniである。

6月からスタートしたApple Musicの高音質化には、AppleがDolby Atmosとロスレスオーディオの2種類を用意したが、対応状況は各デバイスでも異なり、HomePodについてはDolby Atmosのみの対応で高音質化がスタートした。

そのため、高音質化が開始されてからこれまでの間、HomePodは高音質の設定でDolby Atmosによる空間オーディオのみしか選択することができず、ロスレスオーディオを満喫したいユーザーは少々不満を抱いていた。

しかし、Appleは、サポートページに今後の対応状況を記載しており、HomePodは将来的にロスレスオーディオへの対応するとの記載がなされていた。今回の発見は、サポートページで公開されていた予定が具現化されたものとなる。

HomePod 15へのアップデートが一般ユーザーに正式リリースされる日程は今秋を予定しており、もうひとつの高音質がデバイスの設定に追加されるには、少々時間が必要のようだ。

なお、9to5Macによると、ベータ版をインストールできるユーザーは、ホーム設定を選択した後に、ユーザープロファイルをタップすることでロスレスオーディオを有効にすることが可能。

ただし、HomePodのベータ版などには現在異常が確認されてバージョンもあり、アップデートには注意が必要である。

異常とは、ベータ版や14.6をインストールして使用中のHomePodが故障するというもので、突然の故障、あるいは異常発熱が起こり故障するケースが報告されている。そのため、焦らず、秋までの数ヶ月間、待つことをお奨めしたい。

HomePod、異常な熱暴走で突然故障の恐れ「アップデートが原因?」
AppleのスマートスピーカーHomePodが、突然の故障に見舞われるケースが相次いでいるようだ。問題となっているHomePodは、最近まで販売が行われていたスタンダードなモデルで、HomePod miniについては問題の報告はなさ...
HomePodとHomePod mini、じきにApple Music「高音質ロスレスオーディオに対応」
Appleは、Apple Musicに関するサポートドキュメントを更新し、HomePodの音質について今後の方針を公開した。公開された内容は、Appleが2021年6月から開始するApple Musicの高音質化に対する内容。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x