HomePodとHomePod mini、じきにApple Music「高音質ロスレスオーディオに対応」


HomePodとHomePod mini、じきにApple Music「高音質ロスレスオーディオに対応」

Appleは、Apple Musicに関するサポートドキュメントを更新し、HomePodの音質について今後の方針を公開した。

公開された内容は、Appleが2021年6月から開始するApple Musicの高音質化に対する内容。

Apple Musicは、これまでの音楽品質から更に高品質な音楽体験の提供を目的として、提供している音楽の高音質化を図る。

対応の音質改善は2種類で、音楽データの圧縮率を下げて高音質化を図るロスレスオーディオと、Dolby Atmosを利用した立体音響の提供。

HomePodに関しては、Apple Musicの高音質化が発表された当初、Dolby Atmosへの対応を公表していたが、今回ドキュメントに記載された内容は、ロスレスオーディオへの対応である。

Dolby Atmosは、音楽データを3次元に表現するDolbyの空間サウンド技術で、音の方向性を3次元に表現することを可能にし、音楽に包み込まれる没入感や、上から降り注ぐようなオーディオ空間を提供するものである。

今回静かに発表されたロスレスオーディオへの対応は、将来予定をしているソフトウェアアップデートで提供を開始するようだ。

現時点で、HomePodは圧縮音源のAACを利用したオーディオに対応しており、従来Appleデバイスが標準とするスタンダードな音質となっている。もちろんAACに関しても優れたオーディオ品質には変わりはないが、ロスレスオーディオのデータやDolby Atmosを利用した音楽との差は大きい。

Apple、Apple Musicの高音質化を発表「空間オーディオDolby Atmos」と「最高音質ロスレスオーディオ」/ 対応のiPhoneなど視聴環境
情報通り、AppleはApple Musicの高音質化を発表した。2021年6月から開始される新次元のサウンドサービスは、これまでのサブスクリプション契約のまま利用することができ、追加料金は発生しない。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x