Apple、Apple Musicの高音質化を発表「空間オーディオDolby Atmos」と「最高音質ロスレスオーディオ」/ 対応のiPhoneなど視聴環境


Apple、Apple Musicの高音質化を発表「空間オーディオDolby Atmos」と「最高音質ロスレスオーディオ」/ 対応のiPhoneなど視聴環境

情報通り、AppleはApple Musicの高音質化を発表した。

2021年6月から開始される新次元のサウンドサービスは、これまでのサブスクリプション契約のまま利用することができ、追加料金は発生しない。

発表された高音質化は、Dolby Atmosを利用した空間オーディオと、ロスレスオーディオで体験可能となる最高の音質。

Dolby Atmosは、立体音響を作り出すDolbyの音場システムで、多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感溢れるオーディオ体験が可能となる。

また、Atmosはを利用することで、音が降り注ぐようなセッティングも可能となり、これまでとは異なる体験が可能である。

空間オーディオを試聴可能な対応デバイスは、H1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォン。そしてiPhoneやiPad、Macに内蔵のスピーカーもAtmos対応の楽曲を自動再生可能。

ロスレスオーディオに関しては、そのままの意味で、アーティストがスタジオで製作したままの音楽を楽しむことが可能。

このロスレスオーディオに対応の曲は、Apple Musicに収まる7,500万曲を超える楽曲が対象となる。

空間オーディオのAtmosやロスレスオーディオを試聴するには、デバイスを次期バージョンのOSにアップデートする必要がある。これら高音質にデバイスを対応させるには、iPhoneであればiOS 14.6、iPadはiPadOS  14.6、MacはmacOS 11.4、Apple TVはtvOS14.6以降の環境が必要となる。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036(2021/09/21 22:06:21時点 Amazon調べ-詳細)
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x