Appleが開発に所有か「2021年中になにかを発表?自動車のテスト場を137億円で買収」


Appleが開発に所有か「2021年中になにかを発表?自動車のテスト場を137億円で買収」

米国アリゾナの自動車用走行試験場が、1億2,500万ドルにて売却された。日本円にして約137億円の売却額である。

所有者の元を辿れば、元はクライスラー自動車の所有だった施設で、今回の売り手は、iStarという法人である。買収した会社はRoute 14 Investment Partners LLCで、Route 14の代表は法律事務所のGreenberg Traurigが務めているようだ。

実際の所有者を隠すかのように、法律事務所が代表となってことを進めているため、Appleとの関連性を示す証拠はない。

Appleが開発に所有か「2021年中になにかを発表?自動車のテスト場を137億円で買収」

しかし、2017年から施設を利用するために長期的なリース契約が締結されていたことや、多額の金額を積んででも継続して使用する意志があることを踏まえると、Appleが秘密裏に使用することを目的として関与しているのではないかと噂されている。

Appleは、2021年に入り、電気自動車の開発速度を加速させるように、突然多くのスペシャリストを雇用したり、自動車メーカーとの協議が噂されたりと、目に見えてめまぐるしい変化が起きている。

2019年に、リチウムイオン電池の研究でノーベル化学賞を共同受賞した吉野彰氏は、Appleの電気自動車開発について、なにかを知るかのように、Reutersの取材に対して次のように述べている。

気になる存在としてAppleがあります。近いうちになにかを発表するのではないかと思います。自動車の分野へは、2025年頃に参入したいのだと思います。もしそうであれば、2021年中にはなにかを発表しなければならないと思います。これはあくまでも私の個人的な仮説にすぎません。

Apple Carはスーパースポーツカーなのか「メルセデスAMGから操舵のスペシャリストを雇用」
Appleが開発を急ぐ電気自動車は、もしかすると、とんでもなく繊細に機能するスーパースポーツカーなのかもしれない。MacRumorsによると、Appleは、新たに1人の人材を雇用し、現在もう1人についてもアプローチをかけているようだ...
Apple Car、トヨタが販売とメンテか「新たな交渉を開始の噂、DigiTimes」
Appleは、2024年までに電気自動車の量産を開始する計画で動いているといわれており、新たな展開として日本のトヨタ自動車を訪問すると噂されているようだ。DigiTimesは、トヨタ自動車との対談について、詳細は不明だが、主にバッテ...

Source: AzBigMedia Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x