Apple、MacBook Air 2012をヴィンテージ製品として分類


Apple、MacBook Air 2012をヴィンテージ製品として分類

Appleは、2015年モデルのMacBook Airをヴィンテージ製品として分類した。

スリムで軽量なデザインを与えられた12インチのMacBook Airは、Retinaディスプレイを搭載した最小のMacである。

処理装置には、Intel Core Mプロセッサを搭載し、持ち運びが可能な小型Macでありながらキビキビと動く印象だった。

このMacの最大の特徴は排熱の仕様で、一般的なMacやパソコンのように、放熱用のファンを有さないファンレス仕様だった。ファンレス構造は有さず自然放熱に頼る構造は、集中力の妨げを1つでも減らしたいユーザーにとっては選択肢の決め手だった。

Appleは、製品を年式別にカテゴリ分けしており、販売が終了して5年から7年が経つ製品をヴィンテージ製品の枠組みに分類する。

7年以上が経過したモデルについては、ヴィンテージよりも更に上のカテゴリ、オブソリート製品として位置づけられて、アップルが修理を終了する。

修理が終了する理由については、修理用部品が枯渇することによるもので、年式的にオブソリートに分類される製品であっても修理用部品が残っている場合には、修理の受付を継続する場合がある。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x