Apple Watch 6、血中酸素濃度「18歳未満 使用不可“など” に注意」が必要


Apple Watch 6、血中酸素濃度「18歳未満使用不可“など” に注意」が必要

2020年9月15日に発表されたApple Watch 6は、血中酸素濃度の測定ができるセンサーが追加されて登場した。

しかし、血中酸素濃度を測定するには、いくつかの制限がかけれらていることに気付いた。

運動や健康を気遣う人の中には、この機能を重要視してApple Watch 6を購入に踏み切る人が多いように感じている。

そこで色々と調べたところ、小さな注釈などで書かれている部分に気付くことができた。単刀直入にいうと、下記の2項目に該当する人は使用することができない。

  • 18歳未満
  • 自身がiPhoneを持っておらず、ファミリー共有設定で家族がApple Watchを設定した場合

日本でも血中酸素の測定を行うことは可能であるが、18歳未満の方が血中酸素ウェルネスAppを利用することはできない。

Apple Watch 6、血中酸素濃度「18歳未満使用不可“など” に注意」が必要

もし、年齢制限に引っかからないように設定をした場合、その状態では使用できるかもしれないが、何らかの形で18歳未満であることが検出された場合、アプリが起動を制限する可能性がある。

それに、年齢を誤魔化した状態で無理矢理使用できたとしても、血中酸素などの測定を利用する目的であるならば、システムが正しい年齢を把握しておく必要も出てくるのではないだろうか。内部がどのようなシステムになっているのかは把握していないが、年齢を利用した誤差の修正、あるいは成長過程にある人体での測定不良が起こる可能性も否定できない。

また、iPhoneを所有しないApple Watchユーザーは、ファミリー共有設定を利用して、ご家族に設定を依頼するはずである。しかし、この場合も血中酸素の測定を使用することができない。

Apple Watch 6、血中酸素濃度「18歳未満使用不可“など” に注意」が必要

血中酸素ウェルネスAppは、iPhoneと連携する機能であり、Apple Watch単体で使用することはできない。Apple Watchで測定された血中酸素は、iPhoneのヘルスケアデータと結びつけられる。

iPhoneのヘルスケアデータは、iPhoneを所有するユーザーのデータであり、家族のデータを取り入れることができないものとなる。

Apple Watch 6で血中酸素の測定を行うには、最新のiOSにバージョンアップを行ったiPhone 6S以降のデバイスと、Apple Watch 6以降が必要となる点、年齢制限があることに注意したい。

なお、余談になるが、血中酸素の測定は、医療で使用することを目的としていない。あくまで、ウェルネスやフィットネスを目的としたものとなる。(おそらく医療機器としての申請など、複雑な工程が増えるため、公には医療目的ではないとしているだけだとは思う。)

血中酸素の目的をみると、Watchに対する不安が過るかもしれないが、Appleは日本でも心電図が使用できるように、医療品外国製造業者の認定を取得したり、心電図アプリが使用できるように日本の公益財団法人 医療機器センターでアプリの認証を取得したりしている。

Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する
血中酸素ウェルネス App を使って、血液中に取り込まれた酸素のレベルを測定できます。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x