Apple、14インチのMacBook Proを生産開始の兆し


Apple、14インチのMacBook Proを生産開始の兆し

Appleは2021年の春に、mini LEDディスプレイを搭載した新しいMacBook Proの生産を開始する予定である。

台湾の調査会社であるTrendForceによると、Appleは14インチと16インチのMacBook Proの受注を巡り争いを開始するだろうという。

Appleは、軽量で高輝度のmini LEDディスプレイを搭載する上で、生産の強化に乗り出している情報もあり、2020年の第4四半期から少量のmini LEDバックライトモジュールの生産を開始するとされている。

搭載されるミニLEDは、Apple Watchのリーク情報にあるマイクロLEDとは別のものとなる。マイクロLEDの原理が、RGBごとに発光する高発色タイプなのに対して、ミニLEDは通常の液晶ディスプレイ寄りのものとなっている。現状でミニLEDに関する定義が確立していないが、高輝度で高コントラストであることは間違いがなく、省電力化も期待される。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年の末までにはmini LEDディスプレイを搭載したデバイスが、最低でも6つはリリースされる予定であることを報告している。

Appleは、開発者を対象とした世界開発者会議 (WWDC2020) にて、超高性能な新しい処理装置(Appleシリコン) の発表を行い、インテルのCPUからAppleシリコンへの移行を進めていくとしていた。移行期間に関しては、今後2年間を予定していくとしている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x